ミロス島⇒ピレウス線

ミロス島⇒ピレウス線は、キクラデス諸島とアテネを結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で5社の船会社を取り扱っています。Minoan Linesは最多で週2便のフェリーを運航しています。Anek Linesは週1便、Aegean Speed Linesは週13便、Zante Ferriesは週8便、Sea Jetsは最多で週14便のフェリーを運航しています。

ミロス島⇒ピレウス線では、キクラデス諸島とアテネの間において合計週38便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、5社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

ミロス島⇒ピレウスのフェリー会社

  • Minoan Lines
    • 週2便の運航 3時間15分
    • 料金を見る
  • Anek Lines
    • 週1便の運航 5時間
    • 料金を見る
  • Aegean Speed Lines
    • 週13便の運航 3時間15分
    • 料金を見る
  • Zante Ferries
    • 週8便の運航 5時間
    • 料金を見る
  • Sea Jets
    • 週14便の運航 2時間15分
    • 料金を見る

ミロス島⇒ピレウス線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ミロス島⇒ピレウス線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

ミロス島とは

ミロス島(Milos)は、クレタ島北沖のエーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島で、パリ・ルーヴル美術館の「ミロのビーナス」の発見地として有名です。他にも、現在は大英博物館所蔵のギリシア神アスクレーピオス像や、アテネにあるポセイドン像、アルカイク美術のアポロン像が出土しています。小さなアダマス港の周囲では、土産物、アクセサリー、宝石類、工芸品、地元産の織物や刺繍、食料品などを様々な売店で購入できます。

ミロス島はアテネ近郊のピレウスや、キクラデス諸島の他の島々、ドデカネス諸島、クレタ島から従来型フェリーおよび高速双胴船で渡航でき、夏季には運航が毎日に増えます。また、島のもう一つの港アポロニア港は、キモロス島やグラロニシア島と結ばれています。

ピレウスとは

ピレウス(Piraeus)はギリシャの都市で、町には地中海最大規模を誇る同国の主要港があります。ピレウスはアテネの首都圏の一部であり、アテネより数分の距離に位置している重要な都市です。また、ピレウスはエーゲ海全域のフェリーの交通拠点で、アテネと近いにも関わらず、雰囲気が異なる独特の様相をした町です。ピレウスで旅行者に最も人気のスポットは東部にあるミクロリマノ・ハーバー(Mikrolimano)やゼア・マリーナ(Zea Marina)周辺です。レストラン、バー、ナイトクラブなどが並ぶこの臨海地域は、2004年のアテネオリンピック開催により美しい遊歩道や木々が設置され大幅に改良されました。また、中世の城壁からは、ピレウスの豊かな歴史を感じることができるでしょう。