メッシーナ⇒サレルノ線

メッシーナ⇒サレルノ線はシチリア島とイタリアを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはCaronte & Touristのみです。

こちらは週7便まで、約9時間の所要時間で運航されています。

メッシーナ⇒サレルノ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

メッシーナ⇒サレルノのフェリー会社

  • Caronte & Tourist
    • 週7便の運航 9時間
    • 料金を見る

メッシーナ⇒サレルノ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。メッシーナ⇒サレルノ線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

メッシーナとは

メッシーナ(Messina)は、イタリア共和国メッシーナ県の県都であり、シチリア島で三番目に大きな都市です。シチリア島北部に位置するこの町は、メッシーナ海峡をはさみ、イタリア本土のヴィラ・サン・ジョヴァンニと向い合っています。メッシーナの港は町の経済の中心地であり、観光業にとっても重要な役割を果たしています。また、港には商船や軍艦の造船所も備わっています。農業も盛んなこの町では、オレンジ、レモン、オリーブなどの木をよく見かけます。1548年以降、メッシーナにはカトリック教会の大司教座が置かれ、同年にメッシーナ大学も開校しました。

メッシーナの港は、ヴィラ・サン・ジョヴァンニとレッジョ・ディ・カラブリアと海峡を横断するフェリーで結ばれており、ナポリ南部の近くに位置するサレルノへも運航があります。メッシーナに到着するフェリーはMessina Marritima(Bluvia)か、ヴィア・サン・ラニエリのMolo Norimbergaという波止場へ停泊します。また、フェリーは時折り、町の北端にあるラダ・サンフランチェスコ・ディ・パオラⅠ波止場にも停まります。

サレルノとは

サレルノ(Salerno)はイタリア共和国カンパニア州のティレニア海に面した都市で、サレルノ県の県都でもあります。アマルフィ海岸に近く位置するこの町は、世界初の医学校Schola Medica Salernitanaが開設された場所として有名です。町には大きな広場や歩道があり、歩いて観光することが可能です。また、交通量もほどほどで駐車場も見つけやすいことから、車で訪れることもできます。サレルノはポンペイ、パエストゥム、ポジターノの観光地トライアングルの中心に位置するため、毎年多くの観光客を引きつけています。また、地域における文化の中心地であるサレルノには、アレキ城、大聖堂、サレルノ医学校博物館、海辺沿いの遊歩道ルンゴマーレ・トリエステなどの様々な観光名所が存在します。