メリリャ⇒マラガ線

メリリャ⇒マラガ線は、スペインとスペインを結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で3社の船会社を取り扱っています。Baleariaは最多で週6便のフェリーを運航しています。Trasmediterraneaは週5便、Naviera Armasは最多で週6便のフェリーを運航しています。

メリリャ⇒マラガ線では、スペインとスペインの間において合計週17便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、3社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

メリリャ⇒マラガのフェリー会社

メリリャ⇒マラガ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。メリリャ⇒マラガ線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

メリリャとは

メリリャ(Melilla)は、アフリカ北勢沿岸に位置するスペイン領の町で、モロッコと国境を接しています。メリージャとも呼ばれます。この町はアルボラン海をはさみ、対岸のスペイン本土グラナダやアルメリアと向かい合っています。総面積12km²ほどのメリリャは、アフリカ大陸に位置するスペイン領の町の一つです(もう一つはセウタ)。メリリャのすぐ南隣には、モロッコのBeni Ansarとナドルが位置しています。町そのものであるメリリャ港はグルグ山のふもと、オロ川の河口に位置し、東の半島の先端にはトレス・フォルカス岬が広がっています。

メリリャ港は、スペイン本土のアルメリアやマラガとフェリーで結ばれています。また、メリリャにはヨーロッパとモロッコの間を行き来する旅客・貨物フェリーの航路にも利用されています。そのためこの港や、港に関わりのある業種は、メリリャの経済にとって重要な役割を果たしています。

マラガとは

マラガ(Malaga)はスペイン南部アンダルシア州の都市で、素晴らしいビーチで有名なコスタ・デル・ソルの中心地として知られています。中でも、青い海が美しいバヒア・デ・マラガは市内で最も人気の観光スポットです。この湾ではボートツアーが行われており、周囲には多くのレストランが存在します。また、旧市街に位置するメルセー広場は、カフェやバーなどでリラックスしたり、周囲の散策に最適な場所です。また、郊外に位置する植物園(Jardín Botánico-Histórico La Concepción)では、様々な美しい異国情緒あふれる花々や植物を観察できます。その他にも、市内には熱帯植物やヤシの木を含む公園が多数存在します。