マルセイユ⇒チュニス線

マルセイユ⇒チュニス線は、フランスとチュニジアを結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で3社の船会社を取り扱っています。Corsica Lineaは最多で週3便のフェリーを運航しています。CTN Ferriesは週2便、CTN Ferriesは最多で週5便のフェリーを運航しています。

マルセイユ⇒チュニス線では、フランスとチュニジアの間において合計週10便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、3社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

マルセイユ⇒チュニスのフェリー会社

マルセイユ⇒チュニス線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。マルセイユ⇒チュニス線では車と乗船者1名が一番多く予約されています。

マルセイユとは

マルセイユ(Marseille)はフランス南部に位置する同国最大の湾岸都市で、地中海に面しています。フランスで二番目に大きなこの街には、国内最大の商業港が存在することでも知られています。東部の旧港からリフォルメ地区へは街の大通りで繋がっており、旧港の南にはサン・ニコラ要塞、北にはサン・ジャン要塞がそれぞれ位置しています。また、マルセイユ湾には4つの島々でなるフリウル諸島が浮かんでいます。中でも、イフ島のシャトー・ディフはアレクサンドル・デュマ・ペールの「モンテ・クリスト伯」の舞台として有名です。マルセイユの中心部には、サン・フェレオル通りや、音楽学校近くのジュリアン通り、港に隣接したエスティエンヌ・ドルヴ通り、ホテル・ドゥ・ヴィラ付近などの歩行者専用の街路が充実しています。

マルセイユの港は、フェリーでコルシカ島、サルデーニャ島、アルジェリア、チュニジアと結ばれています。港には4つのターミナルがあり、全てがgares maritimes sud(南ターミナル)に位置しています。国内ターミナル1および2が、コルシカ島とサルデーニャ島へのフェリー乗り場で、ターミナル3および4がアルジェリアとチュニジア行きの乗り場です。

チュニスとは

チュニス(Tunis)はチュニジア共和国の首都で、同国北部に位置しています。著名なカルタゴとシディ・ブ・サイドの近郊にあるこの町は、広々とした街路、地中海南部および北部によく見られる細い路地、混合した建築様式などが特徴のチュニジアを代表する都市です。また、ユネスコ世界遺産に登録されているメディナ(旧市街)は、モスクなどの歴史的建造物やスーク(市場)が並ぶ素晴らしい観光地として知られています。また、この旧市街とは対照的で、建物が規則正しく並ぶ新市街(Ville Nouvelle)には、フランス統治時代の優雅な面影が色濃く残されています。市の中心部にはアール・ヌーヴォー様式の劇場、フランコ・アラブ様式の建築物、ビザンチン建築の大聖堂が位置しています。ベルヴェデーレ公園のカフェテラスは、観光中に一休みしたり、日中の暑さから逃れるのには最適の場所です。また、ダール・ベン・アブダラー博物館やバルド国立博物館も一見の価値がある観光スポットです。暑さの厳しい日は屋内でゆっくりと歴史的な所蔵品を見学してみましょう。