マリエハムン⇒ヘルシンキ線

マリエハムン⇒ヘルシンキ線は、現在2社の船会社が運航しているオーランド諸島とフィンランドを結ぶフェリーです。Tallink Siljaのフェリーは最多で週7便、約10時間5分で運航されています。一方Viking Lineは最多で週7便、最短ルートでは10時間20分でフェリーを運航しています。

マリエハムン⇒ヘルシンキ線は、合計で週14便がオーランド諸島とフィンランドの間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

マリエハムン⇒ヘルシンキのフェリー会社

  • Tallink Silja
    • 週7便の運航 10時間5分
    • 料金を見る
  • Viking Line
    • 週7便の運航 10時間20分
    • 料金を見る

マリエハムン⇒ヘルシンキ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。マリエハムン⇒ヘルシンキ線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

マリエハムンとは

マリエハムン(Mariehamn)は、フィンランド自治領オーランド諸島の県都で最大の都市です。この町では、オーランド諸島の他の地域と同様、80%の居住者が母語であるスウェーデン語を話しています。町の中心部にはTorggatanという歩行者天国があり、様々な店舗やレストランを利用することができます。また、同じく広場にはSjalvstyrelsegardenという諸島の議会と地方政府の建物が位置しています。さらに、町へ続く坂道には、1861年に町へ自身の名前を与えたマリア・アレクサンドロヴナ (ロシア皇后)の彫像が建っています。この町では、幼少期に諸島へ移住したフィンランドの建築家ラルス・ソンクが設計した様々な建物を見つけることができます。20世紀前半に建設されたマリエハムン教会、オーランド海洋学校、市役所などがこちらに該当します。また、女性建築家のHilda Hongellも複数の建物をデザインしており、現在は数塔が町内に残存しています。

半島に位置するマリエハムンには、東と西海岸にそれぞれ一つずつ主要港が存在します。この二つの港は、一年を通してほぼ不凍港であることで知られており、国際港である西の港からは、スウェーデン、エストニア、フィンランド本土へのフェリーへ乗船できます。また、東の港は北欧最大のマリーナとして機能しています。

ヘルシンキとは

ヘルシンキ(Helsinki)はフィンランド共和国の首都で、同国南部のフィンランド湾に面した場所に位置しています。小さな都市であるヘルシンキは、町中を徒歩で散策することが可能です。町はフィンランドのデザイン、建築、文化、ショッピングの中心地であり、大きな公園、森林、湖、ビーチや多数の島々などの美しい自然を楽しむこともできます。ヘルシンキにはフィンランド最大の歴史博物館「フィンランド国立博物館」があり、先史時代から21世紀までのあらゆる歴史的遺産が収められています。博物館の建築はフィンランドロマン主義の中世の城をモチーフにしており、建物自体が観光名所でもあります。また、その他の歴史博物館にはヘルシンキ市立博物館があり、町の歴史500年を紹介しています。さらに、ヘルシンキ大学も大学博物館や自然博物館などを含めた多くの博物館を所有しています。

ヘルシンキにはエストニア、スウェーデン、ドイツから定期のフェリーが毎日運航されており、船内には車を持ち込むことが可能です。また、ヘルシンキはロシアやポーランドからもフェリーで訪れることが可能です。