ランペドゥーザ島⇒ポルト・エンペードクレ線

ランペドゥーザ島⇒ポルト・エンペードクレ線は、現在2社の船会社が運航しているペラージェ諸島とシチリア島を結ぶフェリーです。Liberty Lines Fast Ferriesのフェリーは最多で週5便、約4時間15分で運航されています。一方Siremarは最多で週2便、最短ルートでは9時間15分でフェリーを運航しています。

ランペドゥーザ島⇒ポルト・エンペードクレ線は、合計で週7便がペラージェ諸島とシチリア島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ランペドゥーザ島⇒ポルト・エンペードクレのフェリー会社

ランペドゥーザ島⇒ポルト・エンペードクレ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ランペドゥーザ島⇒ポルト・エンペードクレ線では車と乗船者1名が一番多く予約されています。

ランペドゥーザ島とは

ランペドゥーザ島(Lampedusa)は地中海に浮かぶイタリア領の島で、ペラージェ諸島最大の面積を誇ります。イタリア最南端に位置するこの島は、チュニジア沿岸から約115km、シチリア島から175km、マルタから175kmほど離れています。島の主要産業は観光業、農業、漁業などです。また、何世紀にも渡り、ローマ人、アラブ人、ギリシャ人を含む様々な民族が居住した結果、その影響を島の文化や建築などに見出すことができます。

比較的に穏やかなランペドゥーザ島は、リラックスした休暇にぴったりの旅行先です。島の自然美や素晴らしいビーチは多くの観光客を引きつけており、太陽の下でくつろいだり、透明で温かな水中で海水浴を楽しむことができます。

ランペドゥーザ島は、シチリア島アグリジェント県のポルト・エンペードクレとフェリーで結ばれています。

ポルト・エンペードクレとは

ポルト・エンペードクレ(Porto Empedocle)はシチリア島南西部の港町です。人気の観光名所は、15世紀築の巨大な塔です。この建物は、神聖ローマ皇帝カール5世が町の穀物を保護する目的で建設を命じました。その後、塔は刑務所へ改修され、現在は人気のカルチャーセンターとなっています。町の歴史地区は細く入り組んだ路地や大聖堂があり、観光に最適です。また、この町の周辺地区にある神殿の谷は一見の価値があります。町の経済は主に漁業、鉄鋼業、医薬品産業、塩事業が支えています。

ポルト・エンペードクレからほど近いアグリジェントは、古代遺跡の残る著名な観光地です。この地域ではミノア文明の時代から1970年代まで、硫黄や炭酸カリウムの採掘が行われており、ポルト・エンペードクレから世界中に輸出されていました。

この港からは、フェリーでランペドゥーザ島やリノーザ島を訪れることができます。