クライペダ⇒トラーヴェミュンデ線

クライペダ⇒トラーヴェミュンデ線はリトアニアとドイツを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはTT Lineのみです。

こちらは週5便まで、約25時間35分の所要時間で運航されています。

クライペダ⇒トラーヴェミュンデ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

クライペダ⇒トラーヴェミュンデのフェリー会社

クライペダ⇒トラーヴェミュンデ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。クライペダ⇒トラーヴェミュンデ線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

クライペダとは

クライペダ(Klaipeda)は、ダネ川の河口に位置するリトアニア第三の都市で、川がバルト海に流入する地点に位置しています。かつてプロイセン公国、ドイツ帝国、ソビエト連邦などに支配を受けたクライペダには、長く多様な歴史が存在するため、市内には様々な観光名所があり、そのほとんどが中心街に位置しています。また、クライペダはドイツ、フランス、デンマーク、スウェーデン南部、イングランドでよく見られる木枠の柱が使われた建築に富んでいることでも知られています。

クライペダにはリトアニアの交通網に必要不可欠な不凍港があります。町の南西に位置するこの港は現在、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、ポーランドと連絡する主要なフェリー港として機能しています。港は旅客・貨物輸送に対応しており、周辺には多数の荷役会社、船舶修繕会社、造船所が拠点を置いています。また、この港からはフェリーでキールやカールスハムンを訪れることができます。

トラーヴェミュンデとは

リューベック(Lubeck)は、ゴシック様式の建物や洋菓子のマジパンで有名なドイツの都市です。中世の面影を残す美しい町で、特にユネスコ世界遺産である旧市街(アルシュタット)は、多くの人々を魅了しています。市内で最も人気の観光スポットはホルステン門です。こちらは、二つの塔を備えた、お伽話に出てくる様な歴史的建造物です。また、13世紀に造られた市庁舎、12世紀の大聖堂、ランツァウ家の旧邸、1227年に起源を持つドイツ最古の病院なども一見の価値があります。


リューベックの郊外には、バルト海に面した港があります。港のあるトラーヴェミュンデ地区(Travemunde)は、綺麗な砂浜が魅力のリゾート地として知られています。