クライペダ⇒ロストック線

クライペダ⇒ロストック線はリトアニアとドイツを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはTT Lineのみです。

こちらは週4便まで、約26時間10分の所要時間で運航されています。

クライペダ⇒ロストック線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

クライペダ⇒ロストックのフェリー会社

クライペダ⇒ロストック線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。クライペダ⇒ロストック線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

クライペダとは

クライペダ(Klaipeda)は、ダネ川の河口に位置するリトアニア第三の都市で、川がバルト海に流入する地点に位置しています。かつてプロイセン公国、ドイツ帝国、ソビエト連邦などに支配を受けたクライペダには、長く多様な歴史が存在するため、市内には様々な観光名所があり、そのほとんどが中心街に位置しています。また、クライペダはドイツ、フランス、デンマーク、スウェーデン南部、イングランドでよく見られる木枠の柱が使われた建築に富んでいることでも知られています。

クライペダにはリトアニアの交通網に必要不可欠な不凍港があります。町の南西に位置するこの港は現在、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、ポーランドと連絡する主要なフェリー港として機能しています。港は旅客・貨物輸送に対応しており、周辺には多数の荷役会社、船舶修繕会社、造船所が拠点を置いています。また、この港からはフェリーでキールやカールスハムンを訪れることができます。

ロストックとは

ロストック(Rostock)はドイツ北部メクレンブルク=フォアポンメルン州の都市です。バルト海沿岸部の12km先に位置するこの町には、ヴァルノウ川が流れています。市内にあるロストック大学は、1419年に設立された世界最古の部類に入る大学です。一般に公開されている大学の植物園は、緑や花々が美しく観光に最適です。長い海運史を誇るこの町は、大型船や歴史的な船舶が出航するハンザ・セイル・ロストックというフェスティバルが有名です。この行事では、大型船や博物館に保存されている貴重な船舶が航海します。この行事は非常に人気で毎年150万人が訪れています。また、毎年6月にはジャズフェスティバルも開催されています。

ドイツ最大の港であるロストック港は、ヨーロッパで最も重要な港の一つとして機能しています。この港はデンマークのゲッサ―(2時間)、スウェーデンのトレレボリ(5時間45分)とフェリーで結ばれています。