キモロス島⇒ピレウス線

キモロス島⇒ピレウス線は、現在2社の船会社が運航しているキクラデス諸島とアテネを結ぶフェリーです。Zante Ferriesのフェリーは最多で週4便、約6時間35分で運航されています。一方SeaJetsは最多で週2便、最短ルートでは4時間でフェリーを運航しています。

キモロス島⇒ピレウス線は、合計で週6便がキクラデス諸島とアテネの間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

キモロス島⇒ピレウスのフェリー会社

キモロス島⇒ピレウス線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。キモロス島⇒ピレウス線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

キモロス島とは

キモロス島(Kimolos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島で、最寄りのミロス島の北沖に位置しています。ミロス島はキモロス島から狭い海を挟んだ1km先に浮かんでいます。西部に位置するホリオ(Chorio)は小山の上に広がる島唯一の町です。エーゲ海特有の建築物が多くある町内には、古きよきギリシャの魅力がつまっており、静かな雰囲気に満たされた細い石畳の路地には、まるで絵葉書の写真のような白い壁と青い窓の住宅が並んでいます。また、町には様々な観光名所があります。Panagia Odigitria教会に向かいに建つ考古学博物館では、紀元前7世紀まで起源を遡ることのできる船や調理器具などの展示品を見学できます。

キモロス島の港はプサティの村に位置しています。この港からは従来型フェリーおよび高速フェリーでピレウスを訪れることができます。また、港はフェリーでキトノス島、セリフォス島、シフノス島、ミロス島、その他のキクラデス諸島の島々とも結ばれています。

ピレウスとは

ピレウス(Piraeus)はギリシャの都市で、町には地中海最大規模を誇る同国の主要港があります。ピレウスはアテネの首都圏の一部であり、アテネより数分の距離に位置している重要な都市です。また、ピレウスはエーゲ海全域のフェリーの交通拠点で、アテネと近いにも関わらず、雰囲気が異なる独特の様相をした町です。ピレウスで旅行者に最も人気のスポットは東部にあるミクロリマノ・ハーバー(Mikrolimano)やゼア・マリーナ(Zea Marina)周辺です。レストラン、バー、ナイトクラブなどが並ぶこの臨海地域は、2004年のアテネオリンピック開催により美しい遊歩道や木々が設置され大幅に改良されました。また、中世の城壁からは、ピレウスの豊かな歴史を感じることができるでしょう。