ゴルフォ・アランチ⇒ピオンビーノ線

ゴルフォ・アランチ⇒ピオンビーノ線はサルデーニャ島とイタリアを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはCorsica Ferriesのみです。

こちらは週3便まで、約5時間45分の所要時間で運航されています。

ゴルフォ・アランチ⇒ピオンビーノ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ゴルフォ・アランチ⇒ピオンビーノのフェリー会社

ゴルフォ・アランチ⇒ピオンビーノ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ゴルフォ・アランチ⇒ピオンビーノ線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ゴルフォ・アランチとは

ゴルフォ・アランチ(Golfo Aranci)はイタリア領サルデーニャ島オルビア=テンピオ県沿岸の町で、カリァリの北約200km、オルビアの北西約13kmの場所に位置しています。町は島の北東部に位置し、オルビア湾に面しています。町の名称の起源は二説あり、一つは難破船が積んでいた「オレンジ」から、もう一つはサルデーニャ語で蟹を意味するGranciに由来すると言われており、後者が有力とされています。町にはCala Moresca、Cala Greca、Cala Sabina、Spiagge Biancheなどの素晴らしいビーチがあり、海洋保護区域であるタヴォラーラ島や、美しいCapo Coda Cavalloもゴルフォ・アランチの近隣に位置しています。また、島の透明で温かい海は、スキューバダイビングをはじめとしたウォータースポーツに最適です。

ゴルフォ・アランチの港はイタリア本土のチヴィタヴェッキア、リヴォルノ、フィウミチーノと毎日運航のフェリーで結ばています。港は小さく設備は限られていますが、出発ラウンジ、カフェ、小さなコンビニエンスストアなどがあります。

ピオンビーノとは

ピオンビーノ(Piombino)は、古代エトルリアの港フェレシアに築かれた町です。ボビオ広場へ行くと、海の素晴らしい眺めを楽しめるでしょう。レストランやバーが充実した市内では、新鮮な食材を使った郷土料理や、地元産の美味しいワインを満喫できます。実際に、シーフードを多用するこの地域の食文化は有名です。

ピオンビーノは「小さなパリ」の愛称で親しまれています。市内には、リベリーノ、パラッツォ・ヌオボ(新宮殿)、16世紀の城塞など、中世~ルネサンスの様々な歴史的建造物が存在します。

ピオンビーノは、エルバ島を含むトスカーナ群島、サルデーニャ島、コルシカ島とフェリーで結ばれています。