サルデーニャ島

サルデーニャ島⇒フランスのフェリー予約方法

サルデーニャ島とフランスの間には4本のルートが存在し、合計で週6便の運航が行われています。Corsica Ferriesは3本のルート、ポルト・トーレス⇒トゥーロン線を週2便、ゴルフォ・アランチ⇒ニース線を週1便とゴルフォ・アランチ⇒トゥーロン線を週2便。La Meridionaleは1本のルート、ポルト・トーレス⇒マルセイユ線を週1便運航しています。

ルートによっては、便数や所要時間が変化することがあります。念のため、検索機能を利用してサルデーニャ島⇒フランス線に関する最新の運航情報をご確認ください。

サルデーニャ島からフランスへの航路図

クリックして地図を見る

サルデーニャ島とは:

サルデーニャ島はイタリア本土の西沖に浮かぶ島です。地中海ではシチリア島に次ぐ二番目の大きさを誇ります。

綺麗な白い砂浜、美しい自然、伝統的な集落、興味深い歴史と文化が魅力のサルデーニャ島。高級リゾート地として知られ、世界中から多くの著名人が訪れています。

サルデーニャ島では様々な野外アクティビティが待っています。石灰岩の崖を登ったり、森林を探検したり、美しい海辺を散歩したり・・・さらにダイビングやスノーケリング等のマリンスポーツも楽しめます。

春のサルデーニャ島は、静かで落ち着いた時間を過ごしたい方に最適です。この時期は観光客が少ないため、島本来の魅力を満喫できるでしょう。色鮮やかな花が咲き乱れる絵のように美しい光景も見逃せません。

地中海に浮かぶサルデーニャ島だからこそ、欧州の様々な地域への玄関口としても優秀です。島には複数の港があり、国内外を問わず多数の都市とフェリーで結ばれています。

フランスとは:

フランスは過去20年間、世界一の人気を誇る観光地に君臨した国家であり、ヨーロッパで最も地理的に多様な国の一つでもあります。

フランスは陸地部分に関して西ヨーロッパ最大の国で、太平洋と地中海両方に面した三カ国の一つでもあります。フランス観光はエッフェル塔やモナ・リザで有名な首都パリだけではありません。田園地帯の美しい村々、色鮮やかなラベンダー畑やブドウ畑は氷山の一角にすぎず、たくさんの見どころや名所が国中に広がっており、旅行をするたびに新しい発見のある素晴らしい国です。

フランスを訪れる方法は複数ありますが、フェリーが最も簡単で人気の交通手段です。ヨーロッパ最大規模で一流の船会社がフランスと他国や島々をフェリーで結んでおり、定期船でイギリスやアイルランドからフランス北部へ、地中海の島々や北アフリカからはフランス南部へ移動することが可能です。