フィンランド

フィンランド⇒エストニアのフェリー予約方法

フィンランドとエストニアの間には4本のルートが存在し、合計で1日21便の運航が行われています。Tallink Siljaは4本のルート、ヘルシンキ⇒タリン線を1日8便、マリエハムン⇒タリン線を週3便、ヴオサーリ⇒ムーガ線を週11便とトゥルク⇒タリン線を週3便。Viking Lineは2本のルート、ヘルシンキ⇒タリン線を1日3便とマリエハムン⇒タリン線を週6便。Eckerö Lineは2本のルート、ヘルシンキ⇒タリン線を週19便とヴオサーリ⇒ムーガ線を週11便。

ルートによっては、便数や所要時間が変化することがあります。念のため、検索機能を利用してフィンランド⇒エストニア線に関する最新の運航情報をご確認ください。

フィンランドからエストニアへの航路図

クリックして地図を見る

フィンランド⇒エストニアのフェリー

フィンランドとは:

フィンランドは「森と湖の国」と呼ばれる北欧の国です。また、日本から一番近いヨーロッパの国としても知られ、おしゃれなカフェや北欧デザイン等、一度は絶対訪れたい国の一つです。

一年を通して美しい自然を満喫できるフィンランドは、どの季節に訪れても、素晴らしい思い出を作ることができるでしょう。冬にはスキーリゾートで遊んだり、夏には活気ある都市部でフェスティバルに参加するなど、あらゆるタイプの旅行を楽しめます。

フィンランドの見どころは、地上の自然だけではありません。そう、夜空に広がるオーロラも魅力の一つです。

森や湖を散策して、フィンランドの爽やかな空気を満喫した後は、サウナでゆっくりと休息しませんか?フィンランドはサウナ発祥の地であり、200万以上のサウナが存在するそうです。

フィンランドでは、フェリーが人気の交通機関として活躍しています。船舶がとても豪華なことでも知られるフィンランドのフェリー。エストニアやスェーデン等の周辺諸国やヨーロッパ大陸への便利な玄関口でもあり、航路がとても充実しています。

エストニアとは:

エストニアは北ヨーロッパに位置し、バルト海にある2000もの島と本土からなるバルト三国の一つです。

ヨーロッパでも生活水準が高く、経済が急速に発展している国の一つで、1991年にソビエトから離れ、今では人気の観光地の一つとなっています。エストニア最大の都市であり、首都のタリンは旧ソビエト時代の名残がたくさん残っています。最も有名なのは、北ヨーロッパの中でも一番保存状態が良い中世の旧市街(Old Town)で、たくさんのバーやレストラン、ホテルが立ち並ぶ中におとぎ話のような建物を見つけることが出来ます。

エストニアへの船旅は、スカンジナビアやロシアの港からバルト海、フィンランド湾を航行するたくさんのフェリーがあります。複数の船会社が定期的に運航しており、あなたの旅程にピッタリのフェリーが必ず見つかるはずです。