エルミオニ⇒スペツェス島線

エルミオニ⇒スペツェス島線はギリシャとサロニカ諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはHellenic Seawaysのみです。

こちらは週21便まで、約20分の所要時間で運航されています。

エルミオニ⇒スペツェス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

エルミオニ⇒スペツェス島のフェリー会社

エルミオニ⇒スペツェス島線の平均運賃

この料金は、お客様1人がお支払いされた平均の片道料金を表しています。

エルミオニとは

エルミオニ(Ermioni)はギリシャのペロポネソス地方アルゴリダ県南東にある小さな港町で、人気のリゾート地として知られています。この町はエーゲ海に面しており、向かいにはドコス島とイドラ島が見えます。丘の中腹に位置する旧市街では対岸の島々、柘榴や柑橘類のなる沃野、オリーブ林などの素晴らしい眺めを堪能することができます。また、旧市街の足元には入り江が広がっており、北部が天然の港を形作っています。この活気ある港では地元の漁師が働いており、小さな売店やカフェなどもあります。レストランを探す場合は、エルミオニ南部のマンドラキがお勧めです。この波止場付近には幅広い種類のレストラン、バー、伝統的な軽食堂が並んでいます。

エルミオニと周辺の地域は、古代ギリシャの詩人ホメロスが生きていた時代まで起源を遡ることができます。町はその時代に造船所として、また、アレクサンダー大王をはじめとした、多くの軍人の制服を彩る赤い染料(乾燥した海藻)の生産などで有名でした。

エルミオニはピレウスとフェリーで結ばれています。

スペツェス島とは

スペツェス島(Spetses)はギリシャ領サロニカ諸島の島です。この島は海軍の歴史や、ギリシャ独立戦争の舞台となったことで知られています。1821年には、島に革命の成功を示す旗が掲げられました。伝統的なギリシャの魅力がいっぱいのスペツェス島は、どなたにもおすすめの旅行先です。

ダピアはスペツェス島の港町および商業の中心地です。この町を巡るおすすめの方法は馬車ツアーです。美しい豪邸や細い石畳の路地など、レトロな町並みを馬車の上で思い切り楽しめます。9月はこの島を観光する最適の時期でしょう。1931年以降、毎年行われるこのお祭りは、かつて起きた海戦を再現しています。島で人気の観光名所は大聖堂です。この教会は、ナポレオンの甥であり、ギリシャと共に戦ったポール・ボナパルト氏の墓地でもあります。記録によると、同氏の遺体は3年間ほどラム酒の樽内で保存されたそうです。