ブリンディジ⇒サミ線

ブリンディジ⇒サミ線はイタリアとケファロニア島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはRed Star Ferriesのみです。

こちらは週1便まで、約15時間の所要時間で運航されています。

ブリンディジ⇒サミ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ブリンディジ⇒サミのフェリー会社

ブリンディジ⇒サミ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ブリンディジ⇒サミ線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

ブリンディジとは

ブリンディジ(Brindisi)はアドリア海に面した、イタリア共和国プーリア州の都市です。町の自然港はギリシャや中東との貿易において、この地方を代表する重要な役割を担っています。町には考古学上重要な遺跡や海岸線があり、特に北沿岸部には大規模な砂丘やビーチが多く存在します。また、ブリンディジはワイン(Via Appia)やオリーブオイル(Collina di Brindisi)の生産を行なっており、農業は重要な収入源です。しかし、町の観光業は季節限定な上、イタリア人の観光客に大きく依存しています(イタリア人74%、外国人26%)。

ブリンディジとケファロニア島を結ぶフェリーはMaritime My Way Ferriesが運航しています。SNAV Aliscafiはブリンディジからギリシャ領パクシ島とコルフ島へ、同様にFragline、Blue Star Ferries、Hellenic Mediterranean Linesもコルフ島へフェリーを運航しています。また、複数のフェリー会社がブリンディジとイグメニツァ(ギリシャ)を結んでおり、ギリシャ領ザキントス島はHellenic Mediteranean Linesで渡航することができます。さらに、ブリンディジからパトラへ行く場合は、Adriatica di NavigazioneやHellenic Mediterranean Linesを利用することができます。

サミとは

サミ(Sami)はイオニア海に浮かぶギリシャ領ケファロニア島の港町です。観光地であるサミは、緑に囲まれた美しいアンティサモス・ビーチの約4km北東に位置しています。また、アソスの南にあるミルトス・ビーチもおすすめです。ミルトス・ビーチは、崖を背にした白い砂浜や青く澄んだ海が魅力の島を代表する海岸です。歴史に興味のある方は、島中に点在する遺跡や観光名所を巡ってみましょう。中でも、スカラにある古代ローマのヴィラや、紀元前5世紀まで歴史を遡ることのできるサミのアクロポリスは一見の価値があります。また、リヴァソ谷には古代ローマの遺跡である聖ゲオルギオス城があります。さらに、サミの近郊には地底湖のメリッサーニ洞窟や、鍾乳洞のドロガラティ洞窟などが位置しています。特に、青く輝く神秘的なメリッサーニ洞窟は、ボートを利用して多くの人々が訪れています。