ボニファシオ⇒サンタ・テレーザ・ガッルーラ線

ボニファシオ⇒サンタ・テレーザ・ガッルーラ線は、現在2社の船会社が運航しているコルシカ島とサルデーニャ島を結ぶフェリーです。Moby Linesのフェリーは最多で1日4便、約50分で運航されています。一方Blu Navyは最多で1日3便、最短ルートでは1時間でフェリーを運航しています。

ボニファシオ⇒サンタ・テレーザ・ガッルーラ線は、合計で週49便がコルシカ島とサルデーニャ島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ボニファシオ⇒サンタ・テレーザ・ガッルーラのフェリー会社

ボニファシオ⇒サンタ・テレーザ・ガッルーラ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ボニファシオ⇒サンタ・テレーザ・ガッルーラ線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ボニファシオとは

ボニファシオ(Bonifacio)はフランス領コルシカ島の南端に位置する都市です。地中海に面したボニファシオは、約11kmのボニファシオ海峡を挟みサルデーニャ島と向かい合っています。この町は島の南沿岸部における唯一の主要港で、夏季には多くの旅行者が集まります。市内には美しいビーチや、歴史を感じるアラゴン王の階段、グラン・ド・サーブル、マドネッタ灯台、サン・ドミニク教会などの観光名所があります。

ボニファシオには2ヵ所の先史時代の遺跡があります。町の北へ向かう道路上、カペッロ村近くにあるアラギナ=センノラの古代の洞窟と、さらに北のフィガリに近いヴァスクラッシウの墳墓です。前者は、有名な『ボニファシオの貴婦人』(炭素測定によるとおよそ紀元前6570年)の埋葬地です。後者は、巨石文化時代のもので、新石器時代中期から存在しています。二つの立石の並列と、サルデーニャ島モンテ・アクリ産の黒硅石が広範囲に利用されている事実から、古代よりコルシカ島内陸へ至るルートがボニファシオ湾に存在したことを示しています。

ボニファシオの港からは、サルデーニャ島のサンタ・テレーザ・ガッルーラへ向かうことができます。

サンタ・テレーザ・ガッルーラとは

サンタ・テレーザ・ガッルーラ(Santa Teresa Gallura)は、ボニファシオ海峡に面したサルデーニャ島の町です。カフェやレストランの充実する町広場は、観光の合間の休憩にぴったりです(多くの店が夏季限定の営業)。レナ・ビアンカ(Rena Bianca)は町の北側に位置する美しいビーチで、綺麗な砂浜と青く澄んだ海が多くの人々を魅了しています。岩がちな岬から海を見下ろすロンゴサルド塔は人気の観光スポットです。アラゴン朝の16世紀に建てられたこの塔へ向かうと、Porto Longone湾と、白い崖の上に広がる対岸の町ボニファシオの素晴らしい眺めを堪能できます。塔の反対側はレナ・ビアンカのビーチに向かい下り坂になっており、洞窟の遺跡である「イゾーラ・モニカ」の崖へと続いています。

サンタ・テレーザ・ガッルーラの港は、コルシカ島のボニファシオとフェリーで結ばれています。