バーリ⇒ヴロラ線

バーリ⇒ヴロラ線はイタリアとアルバニアを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはEuropean Ferriesのみです。

こちらは週2便まで、約11時間の所要時間で運航されています。

バーリ⇒ヴロラ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

バーリ⇒ヴロラのフェリー会社

バーリ⇒ヴロラ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。バーリ⇒ヴロラ線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

バーリとは

バーリ(Bari)はイタリア共和国プーリア州バーリ県の県都で、アドリア海に面した湾岸都市です。バーリは町の港や大学がよく知られており、観光名所にはサン・ニコラ聖堂やバーリ大聖堂などがあります。サン・ニコラ聖堂は1087年にミラのニコラウスの不朽体を祀るために築かれました。現在は不朽体は地下室の祭壇の下に眠っています。また、バーリ大聖堂は、聖人Sabino di Canosaに捧げるため1034年に建設が開始され、1156年に一度倒壊したのち、1178年に完成した歴史的建造物です。

バーリ港はこの地方で最も重要な港の一つで、イタリア、バルカン諸国、中東へ向けた玄関口として機能しています。バーリには二つの異なる波止場があり、旧市街にある古い港は小型船や漁船用に使われ、新しい港はギリシャやアルバニアに向けた大型の旅客船が利用しています。この港は近代的で、短期・長期滞在両用の駐車場も用意されています。港からはドゥラス、イグメニツァ、コルフ島、パトラ、コトル、ドゥブロニクへ渡航できます。コルフ島への船旅は夏季限定で、約8時間で島へ到着します。イグメニツァへ向かう船旅は約9時間30分で、一年を通して運航されています。

ヴロラとは

ヴロラ(Vlora)はアルバニアの湾岸都市で、同国南西部のアドリア海とイオニア海が出合うヴロラ湾に面しています。また、ゲグ方言ではブロナと呼ばれています。町はアルバニアの有名な景勝地の入口に位置するため、アルバニアの観光産業の中心地として知られています。ヤシの木が並ぶ広々とした街路など、地中海都市の独特な雰囲気が漂うこの町は、美しい砂浜などの見どころがあります。また、対岸にはカラブルン半島やサザン島が見えます。ヴロラの歴史は紀元前6世紀に、アブローンという港町が築かれたことから始まります。当時はオリーブの木々やブドウ園で有名でした。起源4世紀にはイタリアのオトラントやブリンディジから物品を輸送する船が停泊する重要な港となり、同時に豊かな古代都市であるアポロニアやブトリントなどへの寄港地としても知られていました。アポロニアの崩壊後はこの町がイリュリアの主要港となりました。

ヴロラはアルバニアで二番目に大きな港があります。この港はイタリアのブリンディジと定期運航のフェリーで結ばれています。