バンダル・ベンタン・テラニ⇒タナメラ線

バンダル・ベンタン・テラニ⇒タナメラ線はビンタン島とシンガポールを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBintan Resort Ferriesのみです。

こちらは週42便まで、約1時間の所要時間で運航されています。

バンダル・ベンタン・テラニ⇒タナメラ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

バンダル・ベンタン・テラニ⇒タナメラのフェリー会社

バンダル・ベンタン・テラニ⇒タナメラ線の平均運賃

この料金は、お客様1人がお支払いされた平均の片道料金を表しています。

バンダル・ベンタン・テラニとは

ビンタン・リゾート(Bintan Resortes)はインドネシア領ビンタン島の北部沿岸にあるリゾート地です。この地域には独立経営された海のリゾート5ヵ所と、4ヵ所のゴルフ場、様々なレクリエーション施設、観光スポットなどがあり、家族旅行にも最適です。このリゾートは静かで穏やかな雰囲気が魅力で、旅行者はビーチやスパでのリラックスや、ゴルフ、ウォータースポーツを楽しんでいます。また、この地域は深い森や検問所をはさみ、島の他のエリアから離れた場所に位置しています。

ビンタン島(またはNegeri Segantang Lada)はインドネシアのリアウ諸島に属する島で、島南部のタンジュン・ピナン(Tanjung Pinang)はリアウ諸島州の州都・主要コミュニティです。この町は島最大の都市であり、行政の中心でもあります。

ビンタン・リゾートを訪れる場合は、通常シンガポール・タナメラのターミナルからフェリーでバンダル・ベンタン・テラニ(Bandar Bentan Telani)というリゾート西端の入口港へ向かいます。この船旅はおよそ1時間です。

タナメラとは

タナメラ(Tanah Merah)は住宅地、工業団地、カントリークラブなどで構成されるシンガポールの一地域です。この地域では1970年初頭に埋立が開始され、沿岸部の勾配は平らになり、海岸沿いの道路と美しい東海岸が誕生しました。テマセク小学校はかつてタナメラ・ケチル崖が存在した場所に建っており、丘陵の終点をベドック・サウス・アベニュー3とアッパー・イーストコースト・ロードの交差点、および反対側のニューアッパー・チャンギロードとの交差点で確認することができます。

タナメラはマレー語で赤色土を意味します。かつて丘陵地であったこの地域には、大きなタナメラ・メサル崖と小さなタナメラ・ケチル崖が存在しました。崖があった場所を通る道路はそれぞれ、タナメラ・ベサル・ロード、タナメラ・ケルチ・ロードと名付けられています。

タナメラには、インドネシアのリアウ諸島と結ばれたフェリーターミナルがあります。