アレシフェ⇒ラス・パルマス線

アレシフェ⇒ラス・パルマス線は、ランサローテ島とグラン・カナリア島を結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で3社の船会社を取り扱っています。Trasmediterraneaは最多で週1便のフェリーを運航しています。Naviera Armasは週6便、Fred Olsen Expressは最多で週12便のフェリーを運航しています。

アレシフェ⇒ラス・パルマス線では、ランサローテ島とグラン・カナリア島の間において合計週19便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、3社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

アレシフェ⇒ラス・パルマスのフェリー会社

アレシフェ⇒ラス・パルマス線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。アレシフェ⇒ラス・パルマス線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

アレシフェとは

アレシフェ(Arrecife)はスペイン領カナリア諸島のランサローテ島にある町です。アレシフェという名称は町の海岸に広がる岩礁(Arreficeはスペイン語で岩礁の意)に由来しています。この町は島の東沿岸部に位置し、他のカナリア諸島の島々やスペイン本土、北アフリカとフェリーで結ばれています。

アレシフェの観光名所の中には、周囲を漁師の家々に囲まれたEl Charco de San Ginesと呼ばれる海水のラグーンや、La Casa de Los Arroyoという、物理学者Blas Cabrera氏の研究所を含むアレシフェを代表する歴史的建造物などがあります。

アレシフェは、カディス、ラス・パルマス、サンタ・クルス・デ・ラ・パルマやウエルバの港から訪れることができます。

ラス・パルマスとは

ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア(Las Palmas de Gran Canaria)は、スペイン領カナリア諸島グラン・カナリア島の中心地で、島の北東部に位置しています。2つの湾に挟まれたこの町は、青い海と美しいビーチが自慢のリゾート地として知られています。1478年に築かれたラス・パルマスには重要な文化および歴史遺産が存在し、中でも市内最古のベゲタ地区は1990年よりユネスコ世界遺産に登録されています。この町には欧州で最も重要な港の一つプエルト・デ・ラ・ルスが位置し、国際的でオープンな雰囲気を感じるでしょう。市内には様々な見どころがあり、多くのアクティビティを楽しむことができます。また、町の中心部から少し離れた場所には綺麗な海の素晴らしいビーチが広がっています。

ラス・パルマスの港はフエルテベントゥーラ島、ランサローテ島、ラ・パルマ島、テネリフェ島や、スペイン南部(ウエルバとカディス)とフェリーで結ばれています。