オルダニー島⇒ディーレット線

オルダニー島⇒ディーレット線はオルダニー島とフランスを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはManche Iles Expressのみです。

こちらは週2便まで、約55分の所要時間で運航されています。

オルダニー島⇒ディーレット線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

オルダニー島⇒ディーレットのフェリー会社

オルダニー島⇒ディーレット線の平均運賃

この料金は、お客様1人がお支払いされた平均の片道料金を表しています。

オルダニー島とは

オルダニー島(Alderney)はチャンネル諸島の北端に位置するイギリス王室属領のガーンジーを形成する島の一つです。オルダニー島は長さ約4.8km、幅2.4kmでフランス・ノルマンディー地方にあるコンタン半島のラ・アーグ岬西部より約11km、ガンジー島北東より約30km、イギリス沿岸部より約95kmの場所に位置しています。

島の中心地セント・アンには小学校と中学校、郵便局、ホテル、レストラン、銀行、お店などがあり、立派な教会と不規則に伸びた石畳の大通りに目を引かれます。また、島にはBraye、Crabby、Longis、Mannez、Newtownなどの集落も存在します。

オルダニー島、チャンネル諸島の他の島々、フランスの間ではボートの定期船が運航されています。また、夏季限定でフランスの船会社Manche Iles Expressがオルダニー島とフランス・マンシュ県のディーレットやガンジーのセント・ピーター・ポートの間で高速の旅客フェリーを運航しています。また、乗客を載せることのできるAlderney Shippingの貨物船が毎週オルダニー島からプールやセント・ピーター・ポートへ向かっており、定員12名の小型船Layd MarisⅡ号がシェルブール、サーク島、セント・ピーター・ポートへ定期的に出航しています。

ディーレットとは

ニューヘイブン(Newhaven)はイングランド南部イースト・サセックス州の町で、ウーズ川の河口に位置しています。人気の観光スポットは、キャッスルヒルにある1859年築のニューヘイブン要塞です。こちらは王立委員の指示で町の港を保護する目的で建設されました。当時サセックス最大の防御施設であったこの建物は、現在博物館として一般に公開されています。ニューヘイブン近郊のタイド・ミルズ村には、実験的な水上飛行機の基地が位置しています。当時、飛行機はこの基地を出発し、第一次世界大戦の終了までイギリス海峡で潜水艦を監視するパトロールを行っていました。航空機に興味のある方はぜひ足を運んでみましょう。

ニューヘイブンには小さくも活気ある港が存在します。この港はフランス南東部のディエップへの玄関口として機能しています。港内には売店やコーヒーショップ、バリアフリーの設備があります。