アンギストリミリ⇒エギナ島線

アンギストリミリ⇒エギナ島線は、現在2社の船会社が運航しているギリシャとサロニカ諸島を結ぶフェリーです。Hellenic Seawaysのフェリーは最多で1日4便、約10分で運航されています。一方Aegean Flying Dolphinsは最多で1日5便、最短ルートでは10分でフェリーを運航しています。

アンギストリミリ⇒エギナ島線は、合計で週63便がギリシャとサロニカ諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

アンギストリミリ⇒エギナ島のフェリー会社

アンギストリミリ⇒エギナ島線の平均運賃

この料金は、お客様1人がお支払いされた平均の片道料金を表しています。

エギナ島とは

エギナ島(Aegina)、またアイギナ島はエーゲ海のサロニコス湾に浮かぶギリシャ領サロニカ諸島の島です。この島はアテネの17km先にあり、人気のリゾート地として知られています。ギリシャ神話によると、島の名称はゼウスが恋に落ちた川の神アーソーポスの娘に由来すると言われています。1827~1829年、エギナ市は新設された州の中心部とされ、市庁舎を備えた新古典主義の豪邸を知事のイオアニス・カポディストリアスが所有していました。現在、これらの建物は人気の観光スポットとなっています。また、エギナ市の郊外にはキプセリ(Kypseli)、アグリ(Agli)、バギア(Vagia)などをはじめとした素敵な村が多数存在します。

エギナ島の港からは、本土のピレウスやアギストリ島を訪れることができます。ピレウスへ向かう場合、所要時間はフライングドルフィン(水中翼船)で40分、従来型フェリーで75分です。また、エギナ島はその他にも小さなモニ島、メトピ島、ディアポルティア島、ラゴウセス島、キラ・パナギア島、ドロウサ島、スパラトニシ島、アノニマ島と船で結ばれています。