チュニス⇒マルセイユ線

チュニス⇒マルセイユ線は、現在2社の船会社が運航しているチュニジアとフランスを結ぶフェリーです。Corsica Lineaのフェリーは最多で週3便、約22時間30分で運航されています。一方CTN Ferriesは最多で週3便、最短ルートでは19時間でフェリーを運航しています。

チュニス⇒マルセイユ線は、合計で週6便がチュニジアとフランスの間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

チュニス⇒マルセイユのフェリー会社

チュニス⇒マルセイユ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。チュニス⇒マルセイユ線では車と乗船者1名が一番多く予約されています。

チュニスとは

チュニス(Tunis)は地中海のチュニス湾と面したチュニジア共和国の首都です。ラ・グレット港のあるチュニス湖と接するこの町は、世界遺産である古代都市カルタゴの先12kmの地点に位置しています。この歴史的に非常に重要な遺跡からは、古代ローマ、東ローマ帝国、ヴァンダル族の建築物やカルタゴ人が残した多数の遺物などが発見されています。また、チュニスは様々な建築様式の建物、活気のある大通り、古風で狭い道、近代的で便利な路面電車など、興味深い街並みが特徴の素晴らしい旅行先として知られています。

メディナは細い路地に並ぶ青空市場、古く美しいモスク、歴史的な建築物があるチュニスの旧市街で、こちらもユネスコ世界遺産に登録されています。また、この地域では毎年多数の祝祭が催されており、中でも7~8月に開催されるカルタゴ国際フェスティバルは必見です。1964年に初開催されたこのフェスティバルは、歴史ある円形劇場に多数の歌手、ミュージシャン、俳優、ダンサーが集う地域最大のお祭で、野外のスクリーンで映画を観賞することもできます。

マルセイユとは

マルセイユ(Marseille)は地中海に面したフランス南部の都市です。フランス第二の大きさを誇るこの街は、美しいビーチや大きな港があることで知られています。マルセイユは多数の観光名所に加え、様々なアクティビティを楽しめる素晴らしい旅行先です。代表的な観光名所は、旧港の南側に立つノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院や、対岸に位置するイフ島のシャトー・ディフ、17世紀に起源を持つパニエ地区の旧施療院(現在は博物館、美術館および大規模な展示場)などです。また、綺麗な海の眺めを楽しむなら、沿岸地区に建つマルセイユ大聖堂や海辺に建つファロ宮殿がおすすです。かつてナポレオン3世が滞在したファロ宮殿は、現在一般に公開されており、様々な展示を見学することができます。