ヨーテボリ⇒キール線

ヨーテボリ⇒キール線はスウェーデンとドイツを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはStena Lineのみです。

こちらは週7便まで、約15時間の所要時間で運航されています。

ヨーテボリ⇒キール線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ヨーテボリ⇒キールのフェリー会社

ヨーテボリ⇒キール線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ヨーテボリ⇒キール線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

ヨーテボリとは

ヨーテボリ(Gothenburg)はスウェーデン西部の都市です。町はデンマークのコペンハーゲンとノルウェーのオスロの中間、北海の一部であるカテガット海峡が流れこむイェータ川の河口に位置し、交易都市として発展しました。ヨーテボリは産業遺産や文化遺産がよく知られており、北ヨーロッパ最大規模のフェスティバルを主催していることでも有名です。1979年以来毎年行われるヨーテボリ国際映画祭をはじめ、Way Out WestやMetaltownなどの音楽祭へも多くの人々が参加しています。またヨーテボリ大学、チャルマース工科大学、1927年に設立された自動車メーカーのボルボなどもヨーテボリを本拠としています。

ヨーテボリには北欧最大規模の港があります。ヨーテボリ発のフェリーはデンマークのフレデリクスハウン、ノルウェーのクリスチャンサン、ドイツのキール、イギリスのニューカッスルへ向かいます。港付近には素晴らしい景色が広がっており、市内の中心部にも簡単にアクセスすることができます。

キールとは

キール(Kiel)はバルト海に面したドイツ北部の都市で、ユトランド半島の南西、ハンブルグの約90km北に位置しています。ドイツ海軍の主要港の一つが存在するこの街は、キール・フィヨルドや交通量の多いキール運河があることから、軍事や造船においてドイツの最先端にあり、バルト海と北海を結ぶ重要な交通拠点としても機能しています。

キールには動物学、地質学、歴史、美術、産業、軍事などをテーマにした多数の博物館が存在します。中でも市海事博物館 (Stadtmuseum Warleberger Hof) が有名です。

キール港はスウェーデンやノルウェーをはじめとした、様々な国とフェリーで結ばれています。また、バルト海を旅するクルーズ客船の重要な寄港地としても知られています。