アロニソス島⇒スキアトス島線

アロニソス島⇒スキアトス島線は、スポラデス諸島とスポラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で4社の船会社を取り扱っています。SeaJetsは最多で週6便のフェリーを運航しています。Hellenic Seawaysは週6便、Anes Ferriesは週1便、Aegean Flying Dolphinsは最多で週9便のフェリーを運航しています。

アロニソス島⇒スキアトス島線では、スポラデス諸島とスポラデス諸島の間において合計週22便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、4社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

アロニソス島⇒スキアトス島のフェリー会社

アロニソス島⇒スキアトス島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。アロニソス島⇒スキアトス島線では車と乗船者 2名が一番多く予約されています。

アロニソス島とは

アロニソス島(Alonissos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領の島で、スキアトス島やスコペロス島に次ぐスポラデス諸島第三の島として知らており、スコペロス島の東沖約3kmに位置しています。アロニソスという地名は島や村だけでなく、自治体の名前でもあります。アロニソス村は島の南部にあり、地元ではチョーラ(Chora;ギリシャ語ではホラ)と呼ばれています。

アロニソス島周辺にはチチュウカイモンクアザラシという天然記念物がおり、島を象徴する存在として知られ、この動物が理由で島にギリシャ初の海洋公園が設立されました。この海洋公園はユニークな生物空間で、アシカ科やアザラシ科などの動物のみを保護しており、同時に地中海の鰭脚類やその他の哺乳類の研究、レスキュー、ケアを行っています。

島の主要港は南東に位置するパティティリ(Patitiri)という町にあります。同港とギリシャ本土のヴォロス、アイオス・コンスタンティノス、テッサロニキや、周囲の島々であるスキアトス島、スコペロス島、スキロス島との間ではフェリーや水中翼船が就航しています。また、島の南端にある海岸もアロニソスと呼ばれています。

スキアトス島とは

スキアトス島(Skiathos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領スポラデス諸島の小さな島です。面積50km²、長さ12km、幅6kmと諸島最小の有人島であり、多くの人々は南沿岸部に居住しています。この地域は崖が連なる北部と比べ、比較的地勢がなだらかです。島には松の木々が多く存在するため、ギリシャや地中海の他の島々と比べ緑が豊かです。島の主な集落は、スキアトスとコウコウナリエスです。

スキアトス島は、イオニア人が移住した紀元前7世紀頃まで歴史を遡ることができます。その後は、アテナイ、スパルタ、マケドニア、ローマ帝国、ベネチア共和国、オスマン帝国など、様々な国々に支配されてきました。

スキアトス島は、本土のテッサロニキ、スポラデス諸島の他の島々、キクラデス諸島やクレタ島とフェリーや高速船で結ばれています。