スキヌサ島⇒カタポラ線

スキヌサ島⇒カタポラ線はキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBlue Star Ferriesのみです。

こちらは週3便まで、約1時間25分の所要時間の所要時間で運航されています。

スキヌサ島⇒カタポラ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

航路・ターミナル情報

スキヌサ島⇒カタポラ線の代わり

スキヌサ島⇒カタポラのフェリー会社

  • Blue Star Ferries
    • 週3便の運航 1時間25分
    • 料金を見る

スキヌサ島とは

スキヌサ島(Schoinousa/Schinoussa)はエーゲ海に浮かぶキクラデス諸島の島で、ナクソス島の南、イラクリア島とコウフォニシアの中間に位置しています。メルシニ(Mersini)には、エーゲ海有数の小さな船舶用の港があります。島の中心地ホラ(Chora)はブーゲンビリアで飾られた白塗りの可愛らしい家々や、歴史を感じる石畳の路地や教会、エーゲ海の青い海など、美しい景色を楽しめるリゾート地です。この島には長い歴史を象徴する数々の史跡が存在します。人気の観光名所はホラのEisodia Theotokou教会や、メッサリアのエヴァンジェリスモス教会、考古学博物館、民族博物館、港へと続く道路に位置するマニアティス海賊洞窟などです。

スキヌサ島はハイキングに最適のリゾート地で、山道を登るとそこには素晴らしい景色が広がっています。また、この山道は隠れたビーチや峡谷、昔のまま残る古風な村などに続いており、素晴らしい発見があなたを待っています。

カタポラとは

アモルゴス島(Amorgos)はギリシャ領キクラデス諸島の島で、ドデカネス諸島に最も近く位置しています。この島はかつて存在したイオニア地方の都市の反対側にあるため、イオニア人がキクラデス諸島を越え、本土へ到達するための最初の通過点でした。島で人気の観光名所は、ホラの北東にあるパナギア・ホゾヴィオティッサ修道院です。崖に寄り添うこの教会は、1000年ほど前に歴史ある聖像を侵入者から守るため建設されました。

アモルゴス島の主要港はカタポラ(Katapola)に位置しています。この町には、アポロン神殿の跡に造られた著名なカタポリアニ教会が位置しています。カタポラとピレウスの間ではフェリーが頻繁に行き来しています。所要時間はルートによりフェリーで7~9時間、高速船では4~5時間です。また、アモルゴス島はキクラデス諸島の他の島々、ドデカネス諸島、アスティパレア島とフェリーで結ばれています。