サヴォーナ⇒タンジェ地中海線

サヴォーナ⇒タンジェ地中海線はイタリアとモロッコを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはGrimaldi Linesのみです。

こちらは週1便まで、約59時間30分の所要時間で運航されています。

サヴォーナ⇒タンジェ地中海線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ルート&港について

サヴォーナ⇒タンジェ地中海のフェリー会社

  • Grimaldi Lines
    • 週1便の運航 59時間30分
    • 料金を見る

サヴォーナ⇒タンジェ地中海線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。サヴォーナ⇒タンジェ地中海線では車と搭乗者 1名が一番多く予約されています。

サヴォーナとは

サヴォーナ(Savona)は地中海に面したイタリア北部リグーリア州リヴィエラ・デ・ポネンテの町です。この町は鉄鋼業で栄えた工業都市で、かつては多数の鉄工所や鋳造所、造船所、鉄道の修理場などが存在しました。この町に滞在した最も有名な人物はクリストファー・コロンブスで、野菜畑や果物の木々が並ぶ丘には彼の邸宅の一つ「コロンブスの家」が残されています。

サヴォーナには様々な見どころがあり、旧市街のバロック様式のアッスンタ大聖堂や、プリアマール要塞が人気です。また、プリアマール要塞の近くには彫刻博物館や考古学博物館などが位置しています。

サヴォーナの港はコルシカフェリーズ(Corsica Ferries)の船でバスティアやカルヴィを訪れることができます。毎週運航のあるこのフェリーは、およそ3時間で目的地ヘ到着します。また、グリマルディ・ラインズ(Grimaldi Lines)のフェリーは、この港からバルセロナへ出発します。

タンジェ地中海とは

タンジェ地中海(Tangeir-Med)はモロッコ・タンジェの40km東にある2007年にオープンした貨物港です。地中海とアフリカ最大規模の大きさで知られるタンジェ地中海では、さらに高まる需要に合わせ、2009年には再び工事が始まっています。タンジェ地中海は貨物に加え、タンジェ港に代わり欧州と結ばれた旅客ターミナルを備えています。ターミナル内には外貨両替所、ATM、小さな雑貨店、上階に位置するカフェなどが存在します。

タンジェの歴史は、紀元前5世紀からこの土地を支配した様々な文明や文化に彩られています。ベルベル人の集落からフェニキアの貿易中心地、そして1950年代の独立の時代を経たタンジェは、様々な変化を経験してきました。1923年、タンジェは植民地の統治国により重要性が認められ、多くの外交官、スパイ、作家、実業家がヨーロッパやアメリアから訪れる国際都市として栄えました。