パロス島⇒エギアリ線

パロス島⇒エギアリ線はキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBlue Star Ferriesのみです。

こちらは週4便まで、約3時間10分の所要時間で運航されています。

パロス島⇒エギアリ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

パロス島⇒エギアリのフェリー会社

  • Blue Star Ferries
    • 週4便の運航 3時間10分
    • 料金を見る

パロス島とは

パロス島(Paros)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島で、西のナクソス島から8km、本土ピレウスから南東へ160kmの地点に位置しています。白く美しい大理石の産地であるこの島は、パリアンという単語を生み出したことでも知られています。現在、島の主要産業は観光業で、放置された大理石鉱山や砕石場を島のあちこちで見つけることができます。最大の集落パリキアは、キクラデス建築の可愛らしい白い家や、新古典建築の見事な大邸宅が並ぶ美しい村です。海沿いの岩の上には13世紀のベネチア共和国の城塞が位置し、頂上から村や周辺の地域の素晴らしい景色を眺めることができます。また、6世紀の荘厳な教会カタポリアニ(Panagia Ekatontapyliani)も長い歴史のある名所として有名です。

パロス島の港は中心地パリキアに位置しています。この港からは、ピレウスやキクラデス諸島の他の島々を従来型のフェリーや高速船で訪れることができます。

エギアリとは

アモルゴス島(Amorgos)は、ギリシャ領キクラデス諸島の島で、様々な観光名所が存在することで知られています。中でもホラの北東にあるパナギア・ホゾヴィオティッサ修道院が有名です。崖に寄り添うこの教会は、1000年ほど前に歴史ある聖像を侵入者から守るため建設されました。

また、アモルゴス島には古代の塔、墓所、石器、壺をはじめとした様々な遺跡が点在しています。特に島最古の集落の一つであるアルケシニの周辺には、城塞の遺跡が一部はっきりと残っています。

アモルゴス島には2つの港が存在します。1つは主要港のカタポラで、もう1つは若者に人気のキャンプ場近くに位置するエギアリです。この島からは、ギリシャ本土のピレウスを7時間30分の船旅で訪れることができます。また、クレタ島、ナクソス島、パロス島、コウフォニシア、スキヌサ島、ドヌサ島、アスティパレア島ともアモルゴス島と船で結ばれています。