ミロス島⇒ミコノス島線

ミロス島⇒ミコノス島線は、現在2社の船会社が運航しているキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーです。Sea Jetsのフェリーは最多で週7便、約4時間55分で運航されています。一方Hellenic Seawaysは最多で週1便、最短ルートでは8時間40分でフェリーを運航しています。

ミロス島⇒ミコノス島線は、合計で週8便がキクラデス諸島とキクラデス諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ルート&港について

ミロス島⇒ミコノス島のフェリー会社

  • Sea Jets
    • 週7便の運航 4時間55分
    • 料金を見る
  • Hellenic Seaways
    • 週1便の運航 8時間40分
    • 料金を見る

ミロス島⇒ミコノス島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ミロス島⇒ミコノス島線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

ミロス島とは

ミロス島(Milos)は、クレタ島北沖のエーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島で、パリ・ルーヴル美術館の「ミロのビーナス」の発見地として有名です。他にも、現在は大英博物館所蔵のギリシア神アスクレーピオス像や、アテネにあるポセイドン像、アルカイク美術のアポロン像が出土しています。小さなアダマス港の周囲では、土産物、アクセサリー、宝石類、工芸品、地元産の織物や刺繍、食料品などを様々な売店で購入できます。

ミロス島はアテネ近郊のピレウスや、キクラデス諸島の他の島々、ドデカネス諸島、クレタ島から従来型フェリーおよび高速双胴船で渡航でき、夏季には運航が毎日に増えます。また、島のもう一つの港アポロニア港は、キモロス島やグラロニシア島と結ばれています。

ミコノス島とは

ミコノス島(Mykonos)はギリシャ領キクラデス諸島に属するエーゲ海で最も人気の島です。この島には写真で見るようなギリシャの伝統的で美しい光景が広がっており、毎年多くの人々を引きつけています。ミコノス・タウン、別名ホラ(Hora)は島最大の町で、観光の中心地です。ホラは古い港の埠頭や、タクシー乗り場(Plateia Manto Mavrogenous)、海辺のレストラン、博物館、おしゃれなブティック、リトル・ベニス内にある白く可愛らしい家などがよく知られています。また、ミコノス島を訪れる旅行者にとって島のビーチは見逃せません。島には多くの黄金に輝くビーチがあり、簡単にアクセスすることができます。ホラから最も近いビーチはアイオス・ステファノス(Aghios Stefanos)や、プラティス・ヤロス(Platis Gialos)にあり、島で一番美しいビーチではないものの、高い人気を誇っています。また、パーティーで有名な活気のあるパラダイス・ビーチは島の南西部にあります。

ミコノス島には二つの港があります。旧港(Old Port)は通常の旅客船が使用し、新しい港のTourlos港にはクルーズ船などが寄港します。ミコノス島発のフェリーはギリシャ本土のピレウス、ラフィーナ、キクラデス諸島の他の島々、ドデカネス諸島、クレタ島へ向かいます。また、従来型船と高速フェリーの両方が島を発着します。