マレッティモ島⇒レヴァンツォ島線

マレッティモ島⇒レヴァンツォ島線は、現在2社の船会社が運航しているエーガディ諸島とエーガディ諸島を結ぶフェリーです。Liberty Linesのフェリーは最多で1日4便、約25分で運航されています。一方Siremarは最多で週9便、最短ルートでは1時間55分でフェリーを運航しています。

マレッティモ島⇒レヴァンツォ島線は、合計で週37便がエーガディ諸島とエーガディ諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

マレッティモ島⇒レヴァンツォ島のフェリー会社

  • Liberty Lines
    • 1日4便の運航 25分
    • 料金を見る
  • Siremar
    • 週9便の運航 1時間55分
    • 料金を見る

マレッティモ島とは

マレッティモ島(Marettimo)は、地中海に浮かぶエーガディ諸島の島で、シチリア島の西沖に位置しています。エーガディ諸島で二番目に大きなこの島には、約300人の人々が暮らしていますが、夏の観光シーズンには人口が二倍以上の700人に膨れ上がります。島の主な収入源は、観光産業、漁業、伝統工芸などです。マレッティモ島は古代ローマの監視所であったため、カーサ・ロマナ(Casa Romana)の遺跡が存在します。こちらは、イタリアと北アフリカや、イタリアとスペインの間の海を通る船舶を監視できた場所に位置しています。また、カーサ・ロマーナの隣には、一見の価値があるビザンチン・ノルマン建築の教会があります。島に点在する青い洞窟と共に、この場所も一緒に観光してみましょう。この島では様々な場所で泳ぐことができますが、特に西沖の透明で美しい海水は格別です(ボートでのみアクセス可)。

マレッティモ島へは、ファヴィニャーナ島から水中翼船で約40分、トラパーニから約1時間で到着します。

レヴァンツォ島とは

レヴァンツォ島(Levanzo)はイタリア領エーガディ諸島の最も小さな島で、シチリア島の西沖に位置しています。この島には、白い家屋に囲まれた美しい小さな港があります。島の人口は200人ほどですが、多くの人々が港周辺で暮らしています。島の経済はかつて穀物栽培が支えていたものの、現在農業はあまり行われていません。島には古代の石垣や、テラスのある丘、石づくりの小屋などがあり、一部で農業や牧羊が行われています。

レヴァンツォ島には舗装道路がありません。ジープやロバが通る数本の未舗装道路のみが交通機関として利用できます。島では魚釣りが人気のため、小さな漁船を借りることもできます。島唯一の観光名所は、先史時代の壁画が描かれたジェノヴァ洞窟(Grotta del Genovese)です。その他の見どころは多くないものの、ビーチで日光浴したり、青く透き通る海で思い切り泳ぐには最高のリゾート地です。