ドヌサ島⇒エギアリ線

ドヌサ島⇒エギアリ線はキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBlue Star Ferriesのみです。

こちらは週4便まで、約40分の所要時間で運航されています。

ドヌサ島⇒エギアリ線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

航路・ターミナル情報

ドヌサ島⇒エギアリのフェリー会社

  • Blue Star Ferries
    • 週4便の運航 40分
    • 料金を見る

ドヌサ島とは

ドヌサ島(Donoussa)はギリシャ領キクラデス諸島の島で、ナクソス島の東約16km、アモルゴス島の北約25kmの場所に位置しています。ドヌサ島は約14 km2の規模の小さな島で、最も高い場所は海抜385mの地点です。この小さな島は旅行先としては処女地で、観光客用の施設はほとんど無いものの、自然が美しく、プライバシーのある落ち着いた環境を保っています。また、島の中心部もおなじくドヌサと呼ばれています。

ドヌサ島を訪れる人々の多くは、透き通った温かい海水のビーチで泳いだり、リラックスして過ごしています。島のビーチは観光用に整えられてはいないものの、多くの場合、徒歩でのアクセスが可能です。また、ドヌサ島はトレッキングに最適のリゾートで、運動好きの方にとてもお勧めです。

ドヌサ島はギリシャ本土のピレウスからフェリーで、またナクソス島やアモルゴス島から小型船で訪れることが可能です。小型フェリーボート「Express Skopelitis」はナクソス島、イカリア島、スキヌサ島、コウフォニシア、ドヌサ島、アモルゴス島の間を、夏季に週3~5日の頻度で行き来しています。

エギアリとは

アモルゴス島(Amorgos)は、ギリシャ領キクラデス諸島の島で、様々な観光名所が存在することで知られています。中でもホラの北東にあるパナギア・ホゾヴィオティッサ修道院が有名です。崖に寄り添うこの教会は、1000年ほど前に歴史ある聖像を侵入者から守るため建設されました。

また、アモルゴス島には古代の塔、墓所、石器、壺をはじめとした様々な遺跡が点在しています。特に島最古の集落の一つであるアルケシニの周辺には、城塞の遺跡が一部はっきりと残っています。

アモルゴス島には2つの港が存在します。1つは主要港のカタポラで、もう1つは若者に人気のキャンプ場近くに位置するエギアリです。この島からは、ギリシャ本土のピレウスを7時間30分の船旅で訪れることができます。また、クレタ島、ナクソス島、パロス島、コウフォニシア、スキヌサ島、ドヌサ島、アスティパレア島ともアモルゴス島と船で結ばれています。