ベルゲン⇒ランゲスン線

ベルゲン⇒ランゲスン線はノルウェーとノルウェーを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはFjord Lineのみです。

こちらは週7便まで、約24時間の所要時間で運航されています。

ベルゲン⇒ランゲスン線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ルート&港について

ベルゲン⇒ランゲスンのフェリー会社

  • Fjord Line
    • 週7便の運航 24時間
    • 料金を見る

ベルゲン⇒ランゲスン線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ベルゲン⇒ランゲスン線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

ベルゲンとは

ベルゲン(Bergen)はノルウェー西部沿岸のベルゲン半島に位置する都市で、7つの山を中心に形作られた街として知られています。中心街と北部の地域はバイフィヨルド(Byfjorden)の海岸線に面しています。ベルゲンは海運業、水産養殖、石油産業の国際的な中心地であり、ノルウェーの高等教育を受ける人々もこの町へ集まっています。また、ベルゲンの港はノルウェーで最も交通量が多いことでも有名です。

ベルゲンには世界を代表する数々の観光スポットが存在します。そのうち、世界遺産に登録されたフィヨルドは頂上が雪に覆われた高く険しい山々に囲まれており、素晴らしい景観が広がっています。フィヨルドの付近には低地から山の高い位置まで小さな農場が点在しており、厳しい環境の中で生きる人々の生活を垣間見ることができます。

ベルゲンの港はノルウェー最大規模を誇り、2011年にはクルーズ船を264隻、350,248人の乗客を受け入れました。Fjord Lineなら、同港からデンマークのヒアツハルスへフェリーで移動できます。また、ベルゲンはHurtigruten社が運航するキルケネス発、ノルウェー沿岸急行船の終着点でもあります。さらに、ベルゲンからは南のハウゲスン、スタヴァンゲルや北のソグネ・フィヨルドやノルドフィヨルドへ旅客双胴船で渡航できます。

ランゲスンとは

ランゲスン(Langesund)は1765年に起源を持つノルウェーの歴史ある港町です。同名のフィヨルド上に位置するこの町は、造船業や材木輸送で発展しました。市内を散策すると、18世紀の美しい建築物を見つけることができます。また、緑の多い郊外には、様々な動植物が生息しています。アウトドア好きの方はぜひ足を運んでみましょう。ランゲスンは、ノルウェーで最も晴れの日が多い町として知られています。夏季には様々なフェスティバルやコンサートの開催地となり、非常な賑わいを見せています。

ランゲスンの港は、デンマークのヒアツハルスと一年を通してフェリーで結ばれています。この港には短期滞在用の駐車スペースが4台分用意されています。また、港にある自動販売機では、スナックや飲み物などを購入できます。