アスティパレア島⇒ニシロス島線

アスティパレア島⇒ニシロス島線はドデカネス諸島とドデカネス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBlue Star Ferriesのみです。

こちらは週1便まで、約5時間25分の所要時間で運航されています。

アスティパレア島⇒ニシロス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

アスティパレア島⇒ニシロス島のフェリー会社

  • Blue Star Ferries
    • 週1便の運航 5時間25分
    • 料金を見る

アスティパレア島とは

アスティパレア島(Astypalea)はギリシャ領の島で、南東エーゲ海の主要12島で構成されるドデカネス諸島に属しています。島の全長は約18km、幅は最高13kmほどです。また、この島は周囲に浮かぶ多数の無人島(シルナ島とオフィドゥッサ島が最大)と共に、アスティパレヤ市を形成しています。島の海岸はほとんどが岩場で、所々に砂利の砂浜があります。また、島はSternoという100mほどの細長い地点でほぼ二つに分割された面白い形をしています。島の中心地であり、かつての主要港はアスティパレヤで、地元民にはコラ(Chora)と呼ばれています。新しい港は島の中部アイオス・アンドレアス(Agios Andreas)に位置し、本土のピレウスやドデカネス諸島の他の島々と結ばれています。

また、アスティパレヤ島の港はキクラデス諸島やクレタ島とも接続されています。島へ向かう場合は、従来型フェリーや高速フェリー(時期や船会社により異なる)を利用でき、従来型フェリーの場合は約10~12時間、高速フェリーなら6~9時間ほどで島へ到着します。

ニシロス島とは

ニシロス島(Nisyros)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領ドデカネス諸島に属し、コス島とティロス島の間に位置する島です。手つかずの自然がそのまま残されたニシロス島は、地域で最も風光明媚なリゾート地の一つとして知られています。ギリシャ神話によると、この島はポセイドンがコス島の一部を巨人ポリュボーテースに投げつけた際に誕生したと言われています。巨人ポリュボーテースはエーゲ海の底に沈んだものの、この島で起きる火山の噴火は敗れた巨人の怒りによるもの考えられていました。

ニシロス島の中心地マンドラキには島の港があります。花で飾られた石畳の路地、美しい教会のある広場、白塗りの伝統的な家屋が並ぶこの村は、徒歩での散策に最適です。ナイトライフは限られているものの、村には美味しい郷土料理を提供する食堂やバーがあるため、夜に出かけても楽しいひと時を過ごせるでしょう。

ニシロス島は本土のピレウス、コス島、ロドス島などから訪れることができます。