アロニソス島⇒ヴォロス線

アロニソス島⇒ヴォロス線は、現在2社の船会社が運航しているスポラデス諸島とギリシャを結ぶフェリーです。Hellenic Seawaysのフェリーは最多で週11便、約3時間15分で運航されています。一方Anes Ferriesは最多で週4便、最短ルートでは5時間30分でフェリーを運航しています。

アロニソス島⇒ヴォロス線は、合計で週15便がスポラデス諸島とギリシャの間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ルート&港について

アロニソス島⇒ヴォロス線の代わり

詳しい情報は、スポラデス諸島⇒ギリシャのフェリーのページでご覧ください。

アロニソス島⇒ヴォロスのフェリー会社

  • Hellenic Seaways
    • 週11便の運航 3時間15分
    • 料金を見る
  • Anes Ferries
    • 週4便の運航 5時間30分
    • 料金を見る

アロニソス島⇒ヴォロス線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。アロニソス島⇒ヴォロス線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

アロニソス島とは

アロニソス島(Alonissos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領の島で、スキアトス島やスコペロス島に次ぐスポラデス諸島第三の島として知らており、スコペロス島の東沖約3kmに位置しています。アロニソスという地名は島や村だけでなく、自治体の名前でもあります。アロニソス村は島の南部にあり、地元ではChoraと呼ばれています。

アロニソス島周辺にはチチュウカイモンクアザラシという天然記念物がおり、島を象徴する存在として知られ、この動物が理由で島にギリシャ初の海洋公園が設立されました。この海洋公園はユニークな生物空間で、アシカ科やアザラシ科などの動物のみを保護しており、同時に地中海の鰭脚類やその他の哺乳類の研究、レスキュー、ケアを行っています。

島の主要港は南東に位置するパティティリ(Patitiri)という町にあります。同港とギリシャ本土のヴォロス、アイオス・コンスタンティノス、テッサロニキや、周囲の島々であるスキアトス島、スコペロス島、スキロス島との間ではフェリーや水中翼船が就航しています。また、島の南端にある海岸もアロニソスと呼ばれています。

ヴォロスとは

ヴォロス(Volos)はギリシャの比較的新しい都市です。町自体の歴史は浅いものの、市内や周辺地域ではバルカン半島に人々が入植した初期の遺跡が残っています。19世紀に築かれたこの町は、1955年の地震で壊滅的な被害を受けた後に再建されたため、ギリシャの中でも近代的な建物がかなり多い都市です。多くのレストラン、カフェ、バーの並ぶ町の海岸地区は、市民・観光客を問わず人気の観光スポットとなっています。ヴォロス考古学博物館は青銅器時代に至るまでの歴史的な遺物が所蔵されている人気の観光スポットです。また、市庁舎内の市立博物館では、ギリシャ人の芸術家による近代の作品を見学できます。遊歩道の端に位置する聖コンスタンティヌとヘレナ教会はユニークな外観が特徴の建物で、一見の価値があります。さらに、町の近隣にはミケーネ文明の遺跡が二つ存在します。ディミニは小規模ですが、遺跡の多くが出土しています。一方、セスクロは規模が大きく眺めが美しいものの、いまだ発掘中の段階にあります。