テッラチーナ⇒ポンツァ島線

テッラチーナ⇒ポンツァ島線は、現在2社の船会社が運航しているイタリアとポンツィアーネ諸島を結ぶフェリーです。NLGのフェリーは最多で週7便、約50分で運航されています。一方Laziomarは最多で週12便、最短ルートでは2時間40分でフェリーを運航しています。

テッラチーナ⇒ポンツァ島線は、合計で週19便がイタリアとポンツィアーネ諸島の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ルート&港について

テッラチーナ⇒ポンツァ島のフェリー会社

  • NLG
    • 週7便の運航 50分
    • 料金を見る
  • Laziomar
    • 週12便の運航 2時間40分
    • 料金を見る

テッラチーナ⇒ポンツァ島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。テッラチーナ⇒ポンツァ島線では車と搭乗者 1名が一番多く予約されています。

テッラチーナとは

テッラチーナ(Terracina)は、イタリア共和国ラティーナ県の都市で、ローマの南西およそ55kmの地点に位置しています。この町では、古代ローマの公共広場や舗装道路、マルクス・アエミリウス・レピドゥスの碑文など、旧時代の素晴らしい遺跡を見学できます。また、アンクルスのユーピテル神殿も見逃せません。アンクルスは古代ウォルスキ族が使用していたテッラチーナの旧称で、ユーピテルはこの聖域が捧げられた神と考えられています。この神殿は主要部分が存在しないものの、残されたアーチ状の土台が遠くからでも確認できます。また、丘の上に建つこの神殿では、周囲に広がる素晴らしい景色を堪能できます。町の東端にある神殿の足元には、古代ローマの土木技術の史跡があります。ローマ帝国の皇帝トラヤヌスは、アッピア街道を拡大するため町の崖を削り道路を造りました。36mの崖ピスコ・モンターの麓あるこの道路は現在も使用されており、古代の斧の跡や、工事の進捗状況を示すローマ数字などを今でも確認することができます。

テッラチーナの港はフェリーでポンツァ島と結ばれています。

ポンツァ島とは

ポンツァ島(Ponza)は、ローマとナポリの間に位置するポンツィアーネ諸島最大の島です。青の洞窟や、古代ローマのトンネルなどで知られています。古代エジプト、カナン、ギリシャの遺跡や、島の中央部にあるフェネキア人の共同墓地は人気の観光名所です。また、エトルリア遺跡に混じり、古代ローマの遺跡も散見されます。港に位置するIl Mamozio(司祭の帽子)は3000年前に造られた大理石の彫像です。こちらはエトルリア人の領事を描いたもので、欠けた頭はナポリの博物館で厳重に保存されています。この彫像はエトルリア最古のかなり珍しい遺跡です。

ポンツァ島は、ヴェントテーネ島やテッラチーナとフェリーで結ばれています。