スタヴァンゲル⇒ベルゲン線

スタヴァンゲル⇒ベルゲン線はノルウェーとノルウェーを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはFjord Lineのみです。

こちらは週14便まで、約5時間30分の所要時間で運航されています。

スタヴァンゲル⇒ベルゲン線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ルート&港について

スタヴァンゲル⇒ベルゲンのフェリー会社

  • Fjord Line
    • 週14便の運航 5時間30分
    • 料金を見る

スタヴァンゲル⇒ベルゲン線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。スタヴァンゲル⇒ベルゲン線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

スタヴァンゲルとは

スタヴァンゲル(Stavanger)は、ノルウェー南西部のスタヴァンゲル半島に位置する都市です。12世紀に起源を持つこの町には、18~19世紀に建てられた、多数の木造家屋が残されています。町の大聖堂も同じく12世紀のもので、現在は人気の観光スポットとして知られています。市内には地元・海外を問わず様々な展示物のある複数の博物館が存在します。ノルウェー石油博物館は1998年にオープンした最も人気の博物館です。また、1864年に設立されたスタヴァンゲル博物館は市内最古のもので、大学の1階に位置する館内では5,000以上の展示物を見学できます。この町はノルウェーのフィヨルドを訪れるための玄関口としても人気で、近郊に位置するプレーケストーレンというフィヨルドの崖は毎年20万人が観光に訪れています。

スタヴァンゲル郊外にはデンマークのヒアツハルスやランゲスンと結ばれた町の港が位置しています。また、地元のフェリーはTauやKvitsøyへ運航されており、高速船がスタヴァンゲルとハウゲスンやサウダの間の村や島を往復しています。

ベルゲンとは

ベルゲン(Bergen)はノルウェー西沿岸部の半島に位置する湾岸都市で、「7つの山の都市」の愛称で親しまれています。フィヨルドへの玄関口であるこの町は、自然や歴史の魅力がいっぱい詰まった旅行先です。ノルウェーのフィヨルドはユネスコ世界遺産に登録されており、世界中から多くの人々が訪れています。

市内には、国立劇場、グリーグホールをはじめとした多数の観光スポットが存在します。また、ベルゲン国際フェスティバルや、国際映画フェスティバルなど、様々な行事も開催されています。

ベルゲンにはノルウェー最大規模の港が位置しています。この港はランゲスンやデンマークのヒアツハルスとフェリーで結ばれています。