ナポリ⇒カプリ島線

ナポリ⇒カプリ島線は、現在2社の船会社が運航しているイタリアとナポリ湾を結ぶフェリーです。SNAVのフェリーは最多で1日7便、約45分で運航されています。一方NLGは最多で1日4便、最短ルートでは45分でフェリーを運航しています。

ナポリ⇒カプリ島線は、合計で1日11便がイタリアとナポリ湾の間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ナポリ⇒カプリ島のフェリー会社

  • SNAV
    • 1日7便の運航 45分
    • 料金を見る
  • NLG
    • 1日4便の運航 45分
    • 料金を見る

ナポリ⇒カプリ島線の平均運賃

この料金は、お客様1人がお支払いされた平均の片道料金を表しています。

ナポリとは

ナポリ(Napoli/Naples)はイタリア南部カンパニア州の都市で、同国の西沿岸部にあるナポリ湾に面しています。また、ヴェスヴィオ山とフレグレイ平野という、二つの火山性地域に挟まれた特殊な位置に築かれた都市でもあります。西暦79年に起きたヴェスヴィオ山の噴火で倒壊したローマ時代のポンペイ、ヘルクラネウム、オプロンティス、スタビアエなどの遺跡はナポリ近郊に位置しており、ソレントや美しいアマルフィ海岸も隣接しています。さらに、かつてローマ海軍の軍港として機能していたユリウス港(Portus Julius)も、ポッツオーリとバイアの港町にあり、ナポリの北側に位置しています。ナポリには中世のバロック調やルネサンス様式の教会、城、宮殿が多数あり、長い間、芸術や建築の中心地として栄えています。また、18世紀にはほぼ無損傷のヘクラネウムル遺跡やポンペイ遺跡の発見に続き、新古典主義の時代を経験しました。

ナポリの港はフェリー、水中翼船、SWATH(小水線面積双胴船)の拠点で、ナポリ県のカプリ島、イスキア島、ソレントや、サレルノ県のサレルノ、ポジターノ、アマルフィと結ばれています。また、この港からはフェリーでシチリア島、サルデーニャ島、ポンツァ島、エオリア諸島へも渡航することができます。

カプリ島とは

カプリ島(Capri)はナポリ湾に浮かぶイタリアの島で、同国南部カンパニア州のアマルフィ海岸沖に位置しています。この島は有名なリゾート地ですが、ナポリやアマルフィ海岸を訪れる人々の短期旅行先としても知られています。絵のように美しいカプリ島は、古くはローマ皇帝から芸術家、作家、富裕層、現在はセレブリティまでが訪れる地中海で最も人気のリゾート地です。また、この島にはマリーナ・ピッコラ、トラガラの展望台、ファラリョーニと呼ばれる海食柱、アナカプリ地区、有名な青の洞窟、古代ローマのヴィラの遺跡などをはじめとした様々な観光スポットが存在します。

カプリ島はナポリやアマルフィ海岸のソレントと頻繁な定期運航のフェリーで結ばれています。また、同じくアマルフィ海岸のポジターノへはフェリーが週7便ほど運航されています。