コウフォニシア⇒ナクソス島線

コウフォニシア⇒ナクソス島線は、キクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で3社の船会社を取り扱っています。Blue Star Ferriesは最多で週3便のフェリーを運航しています。Sea Jetsは週6便、Hellenic Seawaysは最多で週7便のフェリーを運航しています。

コウフォニシア⇒ナクソス島線では、キクラデス諸島とキクラデス諸島の間において合計週16便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、3社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

航路・ターミナル情報

コウフォニシア⇒ナクソス島のフェリー会社

  • Blue Star Ferries
    • 週3便の運航 2時間5分
    • 料金を見る
  • Sea Jets
    • 週6便の運航 40分
    • 料金を見る
  • Hellenic Seaways
    • 週7便の運航 45分
    • 料金を見る

コウフォニシア⇒ナクソス島線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。コウフォニシア⇒ナクソス島線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

コウフォニシアとは

コウフォニシア(Koufonisia/Koufonissi)はギリシャ領キクラデス諸島の一部で、ナクソス・少キクラデス市に属する島々です。この地域はナクソス島の南東、アモルゴス島の西に位置すパノ・コウフォニシ島(上側)、無人島のカト・コウフォニシ島(下側)、同じく無人島で保護区域のケロス島の三つの島で構成されています。なお、20世紀にはケロス島でキクラデス文化の遺物が大量に発見されました。パノ・コウフォニシ島はキクラデス諸島最小で、かつ最も人口密度の高い島として知られています。島で最も人気の観光スポットは古代遺跡の上に建つ小さなパナギア教会です。島の港は主に漁船や観光船が使用しており、また、港の東には島の目印のような白い風車が見えます。さらに、島の南西沿岸には、キクラデス建築の美しい家々が並ぶホラ(Chora)と呼ばれる島最大の集落が存在します。

ナクソス島とは

ナクソス(Naxos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領の島で、キクラデス諸島に属しています。長く興味深い歴史を持つこの島は、東ローマ帝国、フランク王国、ベネチア帝国などの様々な文明の統治下にあったため、それぞれの面影が島中に残されています。また、肥沃な土壌に恵まれたこの島は農業が盛んであり、多くのオリーブやブドウの木が栽培されています。ナクソス島には美しいビーチに加え、ベネチア帝国の城などの様々な見どころが存在します。また、ゼウス山の隣位置するフィロティ村や、ファナリ山の麓に位置するアピラントス村なども人気の観光名所として知られています。加えて、島には山道や小道などのハイキングコースが充実しています。

ナクソス島の港はホラに位置しています。この港はアテネ近郊のピレウスや、キクラデス諸島の他の島々とフェリーで結ばれています。