イラクリア島⇒コウフォニシア線

イラクリア島⇒コウフォニシア線はキクラデス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBlue Star Ferriesのみです。

こちらは週3便まで、約50分の所要時間で運航されています。

イラクリア島⇒コウフォニシア線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

イラクリア島⇒コウフォニシアのフェリー会社

  • Blue Star Ferries
    • 週3便の運航 50分
    • 料金を見る

イラクリア島とは

イラクリア島(Iraklia)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領キクラデス諸島の島で、ナクソス島とイオス島の間に位置していまうす。島の面積は約18km2 と小さく、近隣のスキヌサ島、コウフォニシア、ドヌサ島、ケロス島と共に小キクラデスの島々を構成しています。島では古代集落や墓地が存在した事実を示す多くの遺物が発見されており、この中にはキクラデス文明初期(紀元前3000年頃)のものや、紀元前2~4世紀に建設された、全能神ゼウスや女神テュケーの神殿の遺跡が含まれています。島の沿岸部には入り江や天然の洞窟などが多数あり、オスマン帝国占領下には海賊や密輸業者が隠れる最高の場所として知られていました。

島の港アイオス・ゲオルギオスからは、フェリーで本土のピレウスを訪れることができます。乗船時間はルートにより8~10時間ほどです。また、フェリーはキクラデス諸島の小規模な島々や、ナクソス島、アモルゴス島へも運航されています。

コウフォニシアとは

コウフォニシア(Koufonisia)はナクソス島の東、アモルゴス島の西に浮かぶ3つの小島「パノ・コウフォニシ島」、「カト・コウフォニシ島」、「ケロス島」の総称です。そのうち、前者の2つの小島はおよそ200mの海峡を挟んで分かれています。その昔、海賊が島の大きな洞窟を見た際に、島が空洞だと信じたことから、ギリシャ語で「空洞の島」を意味するコウフォニシアと名付けられました。この2つの島は、遺跡発掘現場として保護されるケロス島に近く位置しています。ケロス島ではキクラデス諸島の歴史的な遺物が多数発見されています。

唯一の有人島であるパノ・コウフォニシ島は、黄金の砂浜や青く澄んだ海が自慢のリゾート地です。