イグメニツァ⇒バーリ線

イグメニツァ⇒バーリ線は、現在2社の船会社が運航しているギリシャとイタリアを結ぶフェリーです。Ventouris Ferriesのフェリーは最多で週7便、約11時間30分で運航されています。一方Anek Superfastは最多で週8便、最短ルートでは9時間30分でフェリーを運航しています。

イグメニツァ⇒バーリ線は、合計で週15便がギリシャとイタリアの間を行き来しています。ダイレクトフェリーズなら、ご希望の出発日・時刻に一番近いお得なフェリーを見つけることができます。

ルート&港について

詳しい情報は、ギリシャ⇒イタリアのフェリーのページでご覧ください。

イグメニツァ⇒バーリのフェリー会社

  • Ventouris Ferries
    • 週7便の運航 11時間30分
    • 料金を見る
  • Anek Superfast
    • 週8便の運航 9時間30分
    • 料金を見る

イグメニツァ⇒バーリ線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。イグメニツァ⇒バーリ線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

イグメニツァとは

イグメニツァ(Igoumenitsa)はギリシャ北西部スプロティア県の県都です。コルフ島はイグメニツァ湾を挟んだ対岸に位置し、町から訪れる日帰り旅行客に人気です。イグメニツァは松の木が生い茂る小山や、木々が並ぶ海岸道路が特徴の自然の美しい町です。また、売店、カフェ、レストランや美しい建物の並ぶ町の港はギリシャとイタリアを結ぶ重要な地点で、多くの観光客を引きつけています。リラックスした時間を過ごしたい方は、町にあるレストランのテラスでゆっくりとランチするのがおすすめです。

イグメニツァは、4世紀のテスプロティア王国において最も重要な都市の一つで、当時はティタニと呼ばれていました。町を発掘した結果、かつて劇場や二つの神殿が存在したいたことを示す遺物が見つかりました。

イグメニツァの港からは、バーリ、ブリンディジ、ラヴェンナ、トリエステ、ベネチア、コルフ島、パクシ島、レフキミをフェリーで訪れることができます。

バーリとは

バーリ(Bari)はイタリア共和国プーリア州のアドリア海に面した都市です。観光地としてはあまり知られていないものの、市内にはいくつかの名所があり、周辺地域を巡る際の拠点としてもよく利用されています。アドリア海に突出した岬には、この町の歴史が詰まった旧市街位置し、ヴェッキア・バーリ地区に張り巡らされた迷路のような路地が旅行者を惑わせます。また、海と旧市街の間には11世紀に造られたロマネスク様式のサン・ニコラ教会が建っています。バーリの守護聖人である聖ニコラオスを祀るこの教会には、彼の不朽体が収められています。教会内部には祭壇を見下ろす精巧で美しい石の天蓋や、大理石でできた11世紀の司教座(カテドラ・ディ・エリア)などの見どころがあります。

バーリの港は、ドゥラス、バール、ドゥブロニク、イグメニツァ、ケファロニア島のサミ、コルフ島、パトラ、ザキントス島とフェリーで結ばれています。