ダイレクトフェリーズ
を選ぶ理由は?

世界各国2578本のルートと706港のフェリーを掲載しています。

2.5 百万人を超えるお客様から信頼されています。

毎年1.2百万を超える便を手配しています。

毎日1 百万件もの見積りをお客様のためにお調べしています。

フィンランドへのフェリー

フィンランド共和国(Finland)は、スウェーデンとロシアの間に位置する北欧の国です。雪に覆われた美しい冬景色と、うららかで眩しい夏の季節が世界的に有名です。

フィンランド人は性格が控えめと言われていますが、実際はとても温かく誠実で、ユーモアのセンスがある人々です。

広大なフィンランドですが、旅の選択肢が豊富なため、どこへでも簡単にアクセスすることができます。ドイツ、ポーランド、ロシア、スウェーデン、エストニア発のフェリーは、フィンランドを訪れる最適な方法の一つです。

ヘルシンキには、北欧で最も交通量の多い港の一つがあり、同国へ向かうフェリーの大多数がこの港に到着します。加えて、フィンランド南西沿岸のトゥルクやナーンタリにもそれぞれ港があります。

また、スウェーデンからフィンランドのヴァーサには毎日フェリーが運航されています。この便を利用すると、数百キロの道のりを運転する手間を省くことが可能です。

スウェーデンとフィンランドを行き来するフェリーの一部は、自治領のオーランド諸島へ寄港します。この島々はEU関税同盟から外れているため、フィンランド本土へ向かう乗船中に免税品を購入することができます。

最も人気で頻繁に運航があるのは、エストニアのタリンとヘルシンキの間のフェリーです。二国間の首都を繋ぐこのフェリーは、バイキングライン、タリンクシリヤラインなど、地域大手の船会社が運航しており、二時間の船旅で目的地に到着できます。

この地域のフェリーは世界でも一流と評判で、様々な店舗、食堂・レストラン、バーなどを利用できる豪華な船舶へ乗船できます。また、多くの乗客が、港へ到着時に下船せず復路につくミニクルーズを予約し、快適な乗船体験を楽しんでいます。

フィンランドは、南部のヘルシンキから、北部であるラップランド地方のコラリ(Kolari)まで、鉄道網が縦横に走っています。また、同国はヨーロッパの中でもバス路線が発達しており、90%以上の公道をカバーしています。あるいは、フィンランドをご自身の愛車で旅してみるのもよいかもしれません。

続きを読む 続きを閉じる

人気のフェリー会社

  • Viking Line
    • 料金を見る
  • Finnlines
    • 料金を見る
  • Tallink Silja
    • 料金を見る
  • Eckerö Line
    • 料金を見る
全ての船会社を見る

フィンランドのルートと港