ケイルンライアン⇒ラーン線

ケイルンライアン⇒ラーン線はスコットランドと北アイルランドを結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはP&O Irish Seaのみです。

こちらは週49便まで、約2時間の所要時間で運航されています。

ケイルンライアン⇒ラーン線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

ルート&港について

ケイルンライアン⇒ラーン線の代わり

詳しい情報は、スコットランド⇒北アイルランドのフェリーのページでご覧ください。

ケイルンライアン⇒ラーンのフェリー会社

  • P&O Irish Sea
    • 1日7便の運航 2時間
    • 料金を見る

ケイルンライアン⇒ラーン線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。ケイルンライアン⇒ラーン線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

ケイルンライアンとは

ケイルンライアン(Cairnryan)はスコットランドのダンフリーズ・アンド・ガロウェイにある村で、ライアン湖の東部沿いに位置しています。この村は、鹿公園やボーリング用の芝生がある大邸宅ロックライアン・エステートで雇用された人々のため、1701年に築かれました。村にはロックライアン・ホテル、少数のゲストハウスやB&Bのホテル、かつて野営場であったキャンプカー用のスペース、売店、有名なマーチャントハウス・レストランなどがあります。

ケイルンライアンはスコットランドと北アイルランドをフェリーで結ぶ地点として、海運史上とても重要な役割を果たしています。港には二つのターミナルがあり、どちらからも北アイルランドへ移動可能です。1973年にオープンした一つ目のターミナルはかつてTownsend Thoresenが使用していましたが、現在はP&O Ferriesが引き継ぎ北アイルランドのラーン港へフェリーを運航しています。また、オールドハウス・ポイントに位置するもう一つのターミナルからは、Stena Lineのフェリーでベルファスト港へ向かうことができます。

ラーンとは

ラーン(Larne)は北アイルランド・アントリム州の港町で、海とラーン湖の細い合流点の西側に位置しています。町の東側にはアイランドマギー半島、西側にはアントリウム高原が広がっています。緑に覆われたこのアントリム高原には海へと下る峡谷があり、その美しい景色は訪れる人々を魅了しています。

ラーンと周辺地域には、千年以上にわたり居住者が存在するアイルランド島最古の居住地域の一つと考えられています。初期の居住者は、ノース海峡を越えてアイルランドへ移住したスコットランド人と言われています。スコットランドとアイルランドの血を引くビセット家は、13世紀に町の南にあるカランポイントにオールダーフィート城を建てました。また、スコットランド王ロバート1世の弟であるエドワード・ブルースは、アイルランドを征服するため、1315年に軍を従えてラーンにやってきたと記録されています。エドワードは、アイルランドをノルマン人に支配されたイングランドに対するもう一つの戦線と見なしていました。

ラーンは、スコットランドのケイルンライアンやトルーン、マン島のダグラスとフェリーで結ばれています。