アスティパレア島⇒ティロス島線

アスティパレア島⇒ティロス島線はドデカネス諸島とドデカネス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBlue Star Ferriesのみです。

こちらは週1便まで、約6時間50分の所要時間で運航されています。

アスティパレア島⇒ティロス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

アスティパレア島⇒ティロス島のフェリー会社

  • Blue Star Ferries
    • 週1便の運航 6時間50分
    • 料金を見る

アスティパレア島とは

アスティパレア島(Astypalea)はギリシャ領の島で、南東エーゲ海の主要12島で構成されるドデカネス諸島に属しています。島の全長は約18km、幅は最高13kmほどです。また、この島は周囲に浮かぶ多数の無人島(シルナ島とオフィドゥッサ島が最大)と共に、アスティパレヤ市を形成しています。島の海岸はほとんどが岩場で、所々に砂利の砂浜があります。また、島はSternoという100mほどの細長い地点でほぼ二つに分割された面白い形をしています。島の中心地であり、かつての主要港はアスティパレヤで、地元民にはコラ(Chora)と呼ばれています。新しい港は島の中部アイオス・アンドレアス(Agios Andreas)に位置し、本土のピレウスやドデカネス諸島の他の島々と結ばれています。

また、アスティパレヤ島の港はキクラデス諸島やクレタ島とも接続されています。島へ向かう場合は、従来型フェリーや高速フェリー(時期や船会社により異なる)を利用でき、従来型フェリーの場合は約10~12時間、高速フェリーなら6~9時間ほどで島へ到着します。

ティロス島とは

ティロス島(Tilos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領ドデカネス諸島の島です。この島は近隣の島々とは異なり人口が少なく静かなため、ギリシャ本来の魅力を堪能できる素晴らしいリゾート地です。島の住民は主に漁業を生業としており、その他は農業や観光産業に従事しています。人気の観光名所は、美しくも廃墟と化した15世紀のアイオス・パンテレイモン修道院です。また、同じく15世紀に聖ヨハネ騎士団が拠点とした城跡も一見の価値があります。ティロス島には、他にもメガロ・ホリオに位置する大天使ミカエル教会をはじめとした様々な教会が存在します。また、様々な動植物が生息するティロス公園、小さな象の化石を見学できるカルカディオ洞窟などもおすすめです。カルカディオ洞窟では1970年代に初めて象の化石化した骨格が見つかりました。