アスティパレア島⇒ナクソス島線

アスティパレア島⇒ナクソス島線はドデカネス諸島とキクラデス諸島を結ぶフェリーのルートです。現在、このルートを運航しているのはBlue Star Ferriesのみです。

こちらは週4便まで、約3時間45分の所要時間で運航されています。

アスティパレア島⇒ナクソス島線の所要時間や便数は時期により変更になる可能性があります。念のため、最新の情報を検索機能を利用してご確認ください。

アスティパレア島⇒ナクソス島のフェリー会社

  • Blue Star Ferries
    • 週4便の運航 3時間45分
    • 料金を見る

アスティパレア島とは

アスティパレア島(Astypalea)はギリシャ領の島で、南東エーゲ海の主要12島で構成されるドデカネス諸島に属しています。島の全長は約18km、幅は最高13kmほどです。また、この島は周囲に浮かぶ多数の無人島(シルナ島とオフィドゥッサ島が最大)と共に、アスティパレヤ市を形成しています。島の海岸はほとんどが岩場で、所々に砂利の砂浜があります。また、島はSternoという100mほどの細長い地点でほぼ二つに分割された面白い形をしています。島の中心地であり、かつての主要港はアスティパレヤで、地元民にはコラ(Chora)と呼ばれています。新しい港は島の中部アイオス・アンドレアス(Agios Andreas)に位置し、本土のピレウスやドデカネス諸島の他の島々と結ばれています。

また、アスティパレヤ島の港はキクラデス諸島やクレタ島とも接続されています。島へ向かう場合は、従来型フェリーや高速フェリー(時期や船会社により異なる)を利用でき、従来型フェリーの場合は約10~12時間、高速フェリーなら6~9時間ほどで島へ到着します。

ナクソス島とは

ナクソス(Naxos)はエーゲ海に浮かぶギリシャ領の島で、キクラデス諸島に属しています。長く興味深い歴史を持つこの島は、東ローマ帝国、フランク王国、ベネチア帝国などの様々な文明の統治下にあったため、それぞれの面影が島中に残されています。また、肥沃な土壌に恵まれたこの島は農業が盛んであり、多くのオリーブやブドウの木が栽培されています。ナクソス島には美しいビーチに加え、ベネチア帝国の城などの様々な見どころが存在します。また、ゼウス山の隣位置するフィロティ村や、ファナリ山の麓に位置するアピラントス村なども人気の観光名所として知られています。加えて、島には山道や小道などのハイキングコースが充実しています。

ナクソス島の港はホラに位置しています。この港はアテネ近郊のピレウスや、キクラデス諸島の他の島々とフェリーで結ばれています。