アルヘシラス⇒タンジェ地中海線

アルヘシラス⇒タンジェ地中海線は、スペインとモロッコを結ぶフェリーのルートです。現在ダイレクトフェリーズは、この区間で5社の船会社を取り扱っています。Baleariaは最多で1日4便のフェリーを運航しています。Trasmediterraneaは1日6便、FRSは1日8便、Inter Shippingは1日3便、AMLは最多で1日12便のフェリーを運航しています。

アルヘシラス⇒タンジェ地中海線では、スペインとモロッコの間において合計1日33便のフェリーが就航しています。ご希望の出発日・時刻に最も近くお得なフェリーを予約するためにも、5社が運航する全てのオプションを比較してみましょう。

アルヘシラス⇒タンジェ地中海線の代わり

詳しい情報は、スペイン⇒モロッコのフェリーのページでご覧ください。

アルヘシラス⇒タンジェ地中海のフェリー会社

  • Balearia
    • 1日4便の運航 1時間30分
    • 料金を見る
  • Trasmediterranea
    • 1日6便の運航 1時間
    • 料金を見る
  • FRS
    • 1日8便の運航 1時間30分
    • 料金を見る
  • Inter Shipping
    • 1日3便の運航 1時間30分
    • 料金を見る
  • AML
    • 1日12便の運航 1時間30分
    • 料金を見る

アルヘシラス⇒タンジェ地中海線の平均運賃

この料金は、お客様がお支払いされた平均の片道料金を表しています。アルヘシラス⇒タンジェ地中海線では車と搭乗者 2名が一番多く予約されています。

アルヘシラスとは

アルヘシラス(Algeciras)はスペイン南部の港町で、ジブラルタル湾周辺で最大の都市です。
アルヘシラスは地域の交通拠点や工業の中心であり、町の重要な産業はスペイン、カナリア諸島、タンジェ、モロッコのその他の港の船積み地点である港に関連しています。同市は穀物、タバコ、家畜など、周辺地域で収穫された様々な特産品を輸出しており、漁業も盛んです。この町には強い個性があり、他の観光地に比べ景観の美しさは若干劣るものの、他の海岸リゾートにはない本物の港町の雰囲気に包まれています。

アルヘシラス港はコンテナ、貨物、積み替えの三部門においてヨーロッパや世界で最大の港の一つです。港はタリファの北東から約20kmの地点、イベリア半島を流れる川Río de la Mielの河口部(ヨーロッパ大陸の最南端)に位置しています。また、同港は世界で16番目に交通量の多い港で、多数の船が出入りしているにも関わらず、港でクジラやイルカが時折り泳いでいることでも知られています。

タンジェ地中海とは

タンジェ地中海(Tangeir-Med)はモロッコ・タンジェの40km東にある2007年にオープンした貨物港です。地中海とアフリカ最大規模の大きさで知られるタンジェ地中海では、さらに高まる需要に合わせ、2009年には再び工事が始まっています。タンジェ地中海は貨物に加え、タンジェ港に代わり欧州と結ばれた旅客ターミナルを備えています。ターミナル内には外貨両替所、ATM、小さな雑貨店、上階に位置するカフェなどが存在します。

タンジェの歴史は、紀元前5世紀からこの土地を支配した様々な文明や文化に彩られています。ベルベル人の集落からフェニキアの貿易中心地、そして1950年代の独立の時代を経たタンジェは、様々な変化を経験してきました。1923年、タンジェは植民地の統治国により重要性が認められ、多くの外交官、スパイ、作家、実業家がヨーロッパやアメリアから訪れる国際都市として栄えました。